お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

史上初、民間企業による月面到着プロジェクトが始動。10月に打ち上げ予定

LUNAR DREAM CAPSULE PROJECT(ルナ ドリーム カプセル プロジェクト)5月15日から始動

大塚製薬、国際的宇宙事業会社アストロスケール(シンガポール)、宇宙開発企業アストロボティック・テクノロジー(米国)から構成される「LUNAR DREAM実行委員会」は、東京大学中須賀・船瀬研究室、九州大学花田研究室、九州工業大学工学研究院および日本の中小民間企業の協力を得て、月面到達プロジェクト「LUNAR DREAM CAPSULE PROJECT」(ルナ ドリーム カプセル プロジェクト)を5月15日から始動させた。

【2015年、月面着陸が生中継で見られる!】

同プロジェクトは、民間企業による宇宙への取り組みを国が後押しする形で実施されるもので、日本をはじめとする世界屈指の技術力を集約し、地上から約38万kmの月面へ、タイムカプセルとともに到着を目指す。打ち上げは10月、米国フロリダからの予定。

日本屈指の技術で開発された、日中110度、夜間マイナス170度にもなる月面環境下でも耐えうるカプセルの中には、レーザー技術によってチタンプレートに刻印された子どもたちの夢の絵と、イオン飲料の粉末が封入される。近い将来、宇宙に興味をもった若者たちが「ドリームカプセル」を取りに行き、月の水で溶かした飲料でのどをうるおしてほしいという未来の夢をのせたプロジェクトとなっている。また、カプセル外側には、特殊な染色技術によって宇宙では用いられない青色を再現している。

同プロジェクトの情報は今後も随時実行委員会よりプロジェクトサイト等によって発表される。

お役立ち情報[PR]