お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

女子に聞いた! インターネットのせいで「ドキドキが少なくなった」と思うこと10

働く女性は、一体どんなことを考えてるの? 『恋愛・結婚観』をはじめ、『美容のトレンド』や『おシゴト事情』などを、毎日ランキング形式で発表しています!

今やすっかり社会に浸透したインターネット。たった十数年でここまで私たちの生活に入り込んでくるとは、登場してきた当時は思いませんでしたよね。しかし便利すぎるゆえのマイナス点もあるはず。というわけで今回は「インターネットのせいで『ドキドキが少なくなった』と思うこと」について、働く女子のみなさんに聞いてみました!


●第1位/「恋愛」……26.4%
○第2位/「買い物」……17.1%
●第3位/「映画鑑賞」……8.7%
○第4位/「読書」……7.5%
●第5位/「旅行」……6.8%
○第6位/「友だち付き合い」……6.2%
●第7位/「ゴシップ」……5.9%
○第8位/「海外旅行」……5.0%
●第9位/「コスメ選び」……3.7%
○第10位/「ファン活動」……3.4%
※複数回答式・第11位以下は略・「なし」を除く。

第1位は26.4%で「恋愛」でした。「自由に連絡ができすぎる」「相手の行動が丸見え」などに、インターネットのデメリットを感じている女子が多いよう。相手の気持ちや何をしているのかを知りたくてドキドキする時間は、多くの場合昔よりもグッと短くなっています。インターネットのスピード感と、会えない時間を楽しむ恋愛とは、少し相性がよくないのかも。すぐに答えがわかってしまうのも考えものですね。

第2位は17.1%で「買い物」でした。「商品の評価を調べてから購入できるので、手に入ったときの新鮮味がない」「ネットショッピングにはお店で選ぶドキドキ感がない」「お店で買い物をするときにも、ネットのほうが安いんじゃないかと気になってしまう」といった意見が目立ちました。ネットショッピングはたしかに「買った!」感が薄いですよね。

第3位は8.7%で「映画鑑賞」。「観る前に感想や評判を聞いてしまう」「ネタバレを目にしてしまうことがある」のような回答が集まりました。楽しみにしていた映画でもネットでよくない評価を見てしまうと、なんだか行きたくなくなってしまうものですよね。

私たちの生活を飛躍的に便利にしてくれたインターネットですが、情報が素早く・多く手に入ることは、主に心理的な面においていいことばかりではないようです。(編集部/佐藤)

※『マイナビウーマン』にて2014年4月にWebアンケート。有効回答数322件(マイナビウーマン会員:22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]