お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男のホンネ。もしも「恋愛対象外の女性」からデートに誘われたら……「のる 53.2%」

意中の彼をデートに誘いたい……! 内心そう思っていても、相手の反応に検討がつかないと、一歩踏み出すのをためらってしまうもの。男性陣は、普段意識していない女性から「お誘い」を受けることに対してどう感じているもの? 悩める女性たちに代わり、ズバリ聞いてみました。

Q.恋愛対象外だった女性からお誘いが! あなたはのる? のらない?

のる!……53.2%

のらない!……46.8%

■恋愛対象外の女性からの誘いにも、のります!

・「来るもの拒まず」(24歳/機械・精密機器/技術職)

・「とりあえず乗っておく」(26歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「試してみたい」(24歳/医療・福祉/専門職)

・「言われたらやるしかないかなと思うから」(23歳/その他/その他)

「とにかく一度は誘いを受ける」といった意見が多く見られました。ただし、下心を隠して誘いを受ける男性も混じっているため、今後につながるかどうかの見極めが大切です。

■恋愛対象外の女性からの誘いには、のりません!

・「後々面倒だから」(25歳/生保・損保/事務系専門職)

・「興味ないから」(26歳/金融・証券/営業職)

・「友達関係ならいいけど、向こうにその気がありそうなら断る」(29歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

恋愛対象でない相手からのお誘いは、徹底して受けない、という保守派も半数近くいました。このタイプの男性に、ストレートにアプローチするのは逆効果のよう。

今回の調査にて、据え膳食わぬはなんとやら……という考えは、イマドキの男性全員に通用する訳ではないことが判明。先走りすぎないよう、相手のペースに合わせて距離を近づけていくのが無難かもしれませんね。

※マイナビウーマン調べ(2014年3月にWebアンケート。有効回答数 男性109件)

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]