お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

あるある! 生理にまつわるハプニング集「買いたてのパンツが……」「温泉旅行中に生理」

頭痛や腹痛、腰痛、だるさ、めまいなど、生理中には体調不良がつきもの。そうでなくても、うっかり生理モレで大惨事! なんて経験は誰にでもあるはず。女同士なら共感必至!? の「生理にまつわるハプニング」を、女性たちに聞きました。

■気を失ってバタリ

・「小学生で生理が始まって間もない頃、気分が悪くなって集会のときに倒れたことがある」(28歳/不動産/事務系専門職)

・「生理痛のひどさを理解してもらえないし、貧血状態でつらかったのを言い出せずに会社の朝礼で倒れた」(28歳/金融・証券/事務系専門職)

急にバタッと倒れるなんてドラマのようですが、本人にとっては大問題。おおごとになると、本当の理由を言うのもはばかられます。

■不意打ちで……

・「買いたてのパンツが血まみれになった」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「朝起きたらシーツに血染みがあった。以来、生理のときはタオル類を敷いて寝ている」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「来ると身構えて準備しているとなかなか来なくて、来ないと安心していると来てしまうため、下着やシーツを汚してしまう」(27歳/機械・精密機器/技術職)

周期が安定していても、時間まではわかりませんよね。生理予定日が近づいてきたら、大事な下着を避けたり、サニタリーショーツを準備しておくなど自衛しましょう。

■ひょっとしてニオってる?

・「彼氏から臭いって言われて傷ついた」(26歳/運輸・倉庫/技術職)

・「足元に来た子どもが生理用品のにおいを興味深げに嗅ぎ始めたとき困りました」(27歳/学校・教育関連/専門職)

梅雨や夏は、特にムレが気になる季節。仕事中、何度もお手洗いに行くのは大変ですが、こまめに取り替えるように意識したいものです。

■思わぬ「模様」に冷や汗

・「男性ばかりの職場で、一度、白い制服に付いてしまったことがあって困った」(28歳/アパレル・繊維/販売・サービス)

・「血がもれていることに気付かず先輩に指摘された」(30歳/金融・証券/事務系専門職)

困ったときはお互いさま。こんなときこそ、まわりの女性たちの手助けがありがたいものです。

■せっかくのイベントが台なしに……

・「運動会と重なって面倒だった」(22歳/その他)

・「旅行中に生理になる。しかも温泉がメインなのに。温泉に入れなくて意味ない旅だった」(32歳/金融・証券/秘書・アシスタント)

・「タイの海で泳いだ帰り、海からあがったら血だらけだった」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

せっかくのイベントが楽しめないなんて、悲しすぎます! せめて1日でもいいからタイミングがずれればいいのに……。

忙しいときに生理になるとさらに大変だし、いろいろと気を使いますよね。とはいえ、毎月ちゃんとやってくるのは健康な証拠。面倒だからこそ、上手につき合っていきたいものです。

※『マイナビウーマン』にて2014年4月にWebアンケート。有効回答数180件(マイナビウーマン会員:22歳~34歳の働く女性)

(OFFICE-SANGA 相羽亜季実)

お役立ち情報[PR]