お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

嫌いな色で性格が分かる―あなたの嫌いな色は?「イエローが嫌い:自分を表現できていない」

好きな色がその人らしさをあらわすように、嫌いな色にもその人らしさがあらわれてしまうことがあります。あなたの嫌いな色は、あなたのどんな性格をあらわしているのでしょうか? 嫌いな色でわかる、あなたの今の心の傾向や性格をチェックしてみました。

【ピンクに塗られたスウェーデンの刑務所の効果「攻撃的な感情を抑制」】

■イエローが苦手な人は、うまく自分を表現できていない

雷や光、電気を連想させるイエローは頭脳明晰(めいせき)な人、光り輝くアイドルのような人が好みやすい色です。この色が苦手な人は、頭脳明晰(めいせき)な人や光り輝く人にコンプレックスがあり、苦手意識を持ちやすいようです。

イエローがイメージさせる頭脳明晰(めいせき)さや明るさ、快活さを持ちながら、それをうまく外にあらわせないでいるのかもしれません。

■パープルが苦手な人は、自分の世界にこもっているか、知識や論理を優先するタイプ

光の波長が最も短い色が、パープル。繊細で感受性豊かな人が好みやすい色です。この色が苦手な人は、自分自身が繊細で感受性が高いことで苦しめられているか、もしくは知識や論理で片付けられないことが大の苦手なタイプの人です。

前者なら自分の世界にこもりがちな人が多く、後者なら知識や論理で割り切れないことが嫌いなタイプだといえるでしょう。

■レッドが苦手な人は、情熱やパワー不足

血液や炎をイメージさせる、情熱的な人が好むレッド。この色が苦手だということは、情熱的でパワフルな人に振り回されてへきえきしているか、自分自身に情熱さやパワフルさが足りないと感じている状態なのかもしれません。

後者ならレッドをあえて遠ざけず、身近な持ち物の差し色に、レッドを使ったものを身につけてみるとよいでしょう。

■ブルーが苦手な人は、ストレスや我慢をためこみ中

水や空をイメージさせるブルーは、自由や冷静さをあらわす色です。この色が苦手なら、他人からの束縛による不自由さや、釈然としない理不尽な事柄に悩まされつつも、どうにもならないジレンマに陥っているのかもしれません。

あまりストレスや我慢をためこまず、少しずつ悩みや考えを発信していく等、何らかのアクションが必要かもしれません。

■グリーンが苦手な人は、没個性な人、自己主張のない人を嫌う傾向が

グリーンといえば、植物をイメージさせる色。調和と協調性を大事にする人が好みやすい色です。反面、この色が苦手な人は没個性な人や、自己主張の少ない人が苦手なタイプ。もしくは、自分自身がそのようなタイプだと考えている可能性があります。

他人や自分にイライラしやすい状態のため、あえてグリーンのものを身近に置いたほうが、気持ちが落ち着くかもしれません。

嫌いな色の中には、遠ざけておいた方がいい色もあれば、あえて身につけてみた方が良くなる色もあるようです。嫌いな色があるなら、ぜひ一度その色をじっと見つめてみて、本当に相性がいいのか悪いのか、確かめてみてもいいかもしれませんね。

お役立ち情報[PR]