お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

意外と知らない知識「熨斗(のし)に本来添えていたものとは?」

熨斗(のし)とは本来、アワビの肉を干した「のしあわび」を包んだもの。昔は慶事に海産物を贈る習わしがあり、昆布やサザエ、鯛などを添えることもありました。

【間違いやすいビジネスマナー「年賀状と寒中見舞いの違いは?」】

現在では簡略化され、熨斗紙が使われていますが、かしこまった場では印刷したものではないものを選びましょう。

(OFFICE-SANGA)

お役立ち情報[PR]