お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 美肌マニュアル

「疲れている?」なんて言わせない! 働く女子の目元のクマ対策法・5選

疲れていたり、寝不足が続いたりすると、目の下に出てきてしまうのがクマ。クマが目立つと、顔色も悪く見えて「疲れている?」なんて言われてしまうことも……。そんな、にっくき「クマ」を改善するために実践している方法を、働く女子に聞いてみました。

■血行をよくする

・「目のまわりをマッサージをする」(27歳/生保・損保/販売職・サービス系)

・「血行がよくなるツボを押しています」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「スチームタオルを使って、血行をよくする」(28歳/自動車関連/技術職)

・「お風呂で温まって、血行をよくする」(29歳/金融・証券/専門職)

・「血行をよくするクリームを塗る」(30歳/学校・教育関連/技術職)

マッサージや、スチームタオルなどを使って目のまわりの血行をよくしている女子が多数。すきま時間などにマッサージをするような習慣を心がけておくといいかもしれませんね。

■睡眠をしっかりとる

・「睡眠不足が重なるとひどいので、睡眠時間をしっかり確保するようにしている」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

睡眠不足が続くと血色が悪くなると言われています。目の下の皮膚は薄いため、血色の悪さが目立ちやすい場所。夜ふかしはほどほどにするのが吉ですね。

■体の内側からケアをする

・「ビタミンCのサプリメントをとる」(25歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「栄養剤を飲みます」(22歳/その他)

・「食事は大切。バランスよく食べることを心がけている」(27歳/その他)

体の外側だけでなく、体内からも対策している女子も。毎日の食事に気をつけるのはもちろん、適宜サプリメントなどで栄養バランスを補うのもいいかも。

■保湿をする

・「リップクリームを、クマができやすい部分に塗って保湿」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「美容液を塗ったり、部分的にパックをします」(32歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「アイクリームで保湿をしています」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「肌が乾燥すると目立つので、目の下を特に保湿して乾燥しないようにする」(33歳/その他)

クマ対策にも、やっぱり「保湿」は大事! アイクリームなど専用アイテムを使ったりすると、手軽にケアできますね。

■メイクで目立たないようにする

・「クマの部分に、ファンデーションを濃い目につける」(30歳/商社・卸/事務系専門職)

・「キャンメイクのスティックコンシーラーを使って隠します」(31歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

スキンケアで改善しきれないしつこいクマは、ときにはメイクで隠すのも手段のひとつ。コンシーラーなどを上手に使うなどして、対策していきましょう。

疲れて家に帰ってきたときは、すぐベッドに直行したくなりますが、ゆっくりお風呂に入ってリフレッシュしたり、スマホやゲームなど、目を酷使するものは控えて、目を休ませてあげることもクマ対策としては大切。加えて、上記のような方法をぜひ試してみるといいかもしれませんね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年4月にWebアンケート。有効回答数242件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]