お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 家事

面と向かっては言いませんが…… 男性はアイロンできない女性、どう思う?

アイロンがけする女性スーツで働く男性に欠かせないのがパリッとアイロンがけされたシャツ。クリーニングに出すという手もあるけれど、彼女や奥さんができたらお願いしたいもの? 意外と苦手な女性も多いアイロンがけについて、働く男性の意見を聞いてみました。

Q.好きな女性が、アイロンがけができないことが発覚! そのことが気になりますか?

「まったく問題ない」61.6%
「気になる」38.4%

まずは、多数派の「まったく問題ない」という男性の声から。

■今できなくても……。長い目で見守ります

・「将来的に覚えていけばいい」(31歳/機械・精密機器/技術職)

・「やればできるようになるので、今できなくても問題ない」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「教えれば簡単にできるようになるので、問題ないです」(29歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

やりながら覚えてくれればいいというやさしい男性が多いですね。逆に言えば、やはり彼女や奥さんに任せてしまいたいということなのでしょうか。

■男性らしく合理的に

・「クリーニングに出すか、アイロンくらい適当にかければよいから」(25歳/生保・損保/事務系専門職)

・「私服は、アイロンをかけていなくてもあまりしわにならないから。シャツはクリーニングにしたらいい」(31歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「形状記憶が多くなってるから」(26歳/電機/営業職)

自宅で洗えるとはいえアイロンがけはプロに任せたほうが、という男性も少なくありません。それも面倒な男性は形状記憶のシャツを選ぶのでアイロン自体が必要ないのかも。

■アイロンくらいにこだわりません

・「自分でアイロンがけすればいいから」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「しない人なんだということで解決します」(29歳/商社・卸/事務系専門職)

・「自分ができれば問題ない」(31歳/自動車関連/技術職)

家事をやる男性も増えているので、自分でやればいいという意見も多数。女性としては喜ぶべきなのかどうか微妙なところですが、自分の身のまわりのことは自分でやるという習慣がついている男性は、結婚相手として有望かも。

■「気になる」派からは厳しい声も

・「男の俺でもできるのに、情けない」(26歳/通信/技術職)

・「基本的なこともできないのか……という気持ちになる」(25歳/農林・水産/技術職)

・「女性なら、できていてほしいと思うから」(29歳/情報・IT/技術職)

女性の洋服ってアイロン不要なものが多いので、と言い訳したくなりますね。

■家庭的な女性が好きなんです

・「最低限の家事だと思うので」(33歳/商社・卸/営業職)

・「子どものアイロンがけ、どうするんだろうと思ってしまう」(27歳/不動産/その他)

やはり、好きな女性には家庭的であってほしいと思うのが男性。夢を壊さない程度の家事は身に着けたほうがいいかも。

数が多くなると思ったよりも大変なアイロンがけ。意外と自分でやるという男性も多いようなので、苦手だと思っている女性は、彼と一緒にアイロンがけすれば少しは好きになれるかもしれませんね。

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年3月にWebアンケート。有効回答数151件。22歳~34歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]