お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ヤダ! 私、当てはまっちゃう!? 「こじらせ女子」エピソード5選

「自分の女子力に自信が持てない」、「男性からホメられてもつい皮肉を言っちゃう」……などなど、巷では、「こじらせ女子」と呼ばれる女子が増えているみたい。

そんな「こじらせた」エピソードを川柳にして投稿する「こじらせ女子川柳」が、働く女子の総合向けWebサイト「マイナビウーマン」上で開催中。恋愛に対してなかなか素直になれない、という人も川柳にして苦い経験などを吐き出せば、「脱・こじらせ女子」できるきっかけとなるのでは!? そこで今回は、投稿された川柳の中から編集部が気になったものをピックアップしてご紹介。

◆「ホメられて うれしいはずが 毒舌に」(ブルボンヌさん)

ホメ言葉に素直にリアクションができず、キツい言葉で返してしまう……。「こじらせ女子」の人なら「わかるわかる!」と思わず共感してしまうのでは。

◆「イケメンに 近づかれると あとずさる」(あーさんさん)

格好いい人からの好意に対して、「私に近づいてくるなんて、何か魂胆があるの!?」と思ってしまうのも、「こじらせ女子」あるあるなのでしょうか。本当に好意を持って近づいた相手の男性からすると、かなりショック。疑いの目を持たずに、好意を受け入れられるといいですね。

◆「女子として 扱われるのに 慣れてない」(春さん)

自分の女子力にあまり自信がない、と言われる「こじらせ女子」ならではの意見! 「女性扱い」してくれることに、照れなどがあるのでしょうか。

◆「『損してる』 そう言われても 治せない」(みぽぽん)

「こじらせ女子」であることに対して言われたとしても、改善できるなら苦労しませんよね。自分で何とかしようと思っても、考え方を変えるのはなかなか難しいものです。

◆「『かわいいよ』 返す言葉は 『バッグはね』(テレコさん)

きっと、相手の人はテレコさんのことを見て言ってくれただろうに、何という切り返し……! 「こじらせ女子」の真骨頂を見た気がします。

ほかにも、「こじらせ女子」なら思わず共感してしまうような川柳がたくさん投稿されています!

また、川柳を投稿した人の中から抽選で、「女子力が上がる♪ アイライナー&リップスティック」を10名様にプレゼント。

投票だけの参加はもちろん、「脱・こじらせ女子したい!」という人は、その思いを川柳に込めてぜひ投稿してみては?

◆つい“自虐ネタ”に走っていない!? 「こじらせ女子」川柳
開催期間:2014年3月3日(月)~4月30日(水)
URL:http://c.woman.mynavi.jp/cpf/senryu_005/

(マイナビウーマン編集部)

お役立ち情報[PR]