お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

面倒な女だと思われてる!? 影で「お局様」と呼ばれていたときのアラサー独女の本音

恋も仕事も人間関係も……それなりにいろいろな経験を積んできたけれど、おひとり様ってちょっと複雑!? 未婚のアラサー女子ならではの心境をセキララにつづります!

アラサー世代にもなると、社内でも中堅として日々がんばってお仕事をしているはず。そんなとき、影で誰かがあなたのことを「お局様」と呼んでいることがわかったら……、どう思いますか? アラサー独女のみなさんに、聞いてみました。

Q.社内で自分がお局様と言われていることを、実際に知ってしまったら、ショックですか?

「はい」54.2%
「いいえ」45.8%

過半数のアラサー独女が「ショックです」と回答。「まだそんなつもりはないのに、なぜ私が……」と思ってしまいそう。では、お局様と呼ばれていた場合の対応を集めてみました。

<お局様と呼ばれたら、ショックを受ける派>

■聞き流す

・「聞かなかったふりをする」(30歳/生保・損保/営業職)

・「笑って受け流して、その後の仕事中にきっとずっと考えてしまうと思う」(28歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「気にしない。どうぞ勝手に言っていてくださいね、と受け流す」(26歳/運輸・倉庫/技術職)

そんな年になってしまったのか……まだ若いはずだけどと思いつつ、ショックを受けそう。それだけ貫禄がついてきたということかも?

■自分の行動を省みる

・「そこまできつい性格になってしまったか……と反省しそう」(28歳/人材派遣・人材紹介/技術職)

・「『お局様』と言われるのは冷たい対応をとっているからだと思うので、もっとやさしく対応するように心がけたい」(27歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

・「嫌な存在が『お局』だと思うので、好かれる存在になれるよう努力する」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「せめて陰気で嫌な人にならないよう、明るいお局様になれるよう努める」(31歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)

「お局様」は厳しくて怖いイメージを持っている人が多いよう。自分の対応を反省して、ちょっとやさしくなろうと思う人が多く見受けられました。

<お局様と呼ばれても、ショックは受けない派>

■かえってうれしい!?

・「笑って話を続けます。なんとも思いません。言われてもいい年齢なので」(30歳/生保・損保/営業職)

・「幼く見えるので後輩にもなめられているため、むしろ貫禄が出てきたということで逆にうれしいから」(27歳/機械・精密機器/技術職)

・「『私は局です』と堂々と宣言して笑いを取りたい」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

ショックを受けない人は、笑って前向きにとらえる人が多いよう。ポジティブな受け止め方、見習いたいところです。

■開き直る人も!

・「君臨してやる」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「それならそれでそういう態度でいるのもいいかも」(31歳/情報・IT/事務系専門職)

中には、そんな噂を逆手にとって、開き直るという声も。強くたくましいアラサー女性もいるようです。

自分も若いころ、先輩にそう言っていた、と思い当たる人も多いのではないでしょうか? ある程度年をとったら、いつか言われるであろう「お局様」。あなたはそのとき、どんなことを感じるのでしょうか?

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年3月にWebアンケート。有効回答数212件(26歳~34歳。未婚の働く女性)

お役立ち情報[PR]