お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 エンタメ全般

日本人はツイ廃!? 月に一回以上ツイートするのは13%だけにニコ民動揺!

TwitterアカウントをモニタリングしているオランダTwopchartsが「Twitter上でのつぶやきの頻度」に関する調査を行ったところ驚きの結果が……! それを報じた、ニコニコニュース掲載のマイナビニュース記事「Twitterユーザーのうち、月1回以上ツイートするのはわずか13%」を受けて、ニコニコ民たちが様々な意見を出し合い、盛り上がりを見せていました。

気になる調査結果は、Twitterに登録されたアカウントは15億、そのうち9億5,500万件が現在も使われているが、月に一回以上ツイートしているユーザーは13%にとどまる、というものでした。ニコニコ民からは、

「みんな忙しいってことでは?」
「勤務中はSNS禁止だから、仕事始めてごっそり減った」
「十分多いと思うんだけど…(´・ω・`)」

という声がある一方で、

「月1回以下が87%とかww ・・・うそだろ?」
「一日平均104回、多い日は300近くいくけど」
「13%のうちの1人か」
「俺ツイ廃なのか…」

などとTwitterのヘビーユーザーは動揺を隠せない様子。

コメントにあった「ツイ廃」とは「ツイッター廃人」の略で、日常生活に支障をきたしてしまうほどTwitterにどっぷり浸かっているユーザーのこと。また、Twitterでは一定時間内に規定以上の数を投稿してしまうと、通信が規制されてしまうシステムになっているそうで、沢山の投稿をして規制された人に対する「規制乙」(規制おつかれさま)という挨拶まであるんだとか。

このように日本のユーザーの間では「ツイ廃」や「規制乙」など、様々なTwitter専門用語が生まれていますが、世界から見ても日本でのTwitterの過熱ぶりは際立っているようです。なぜここまで日本に定着したのかというと、”制限の中での表現”は古くから日本人か俳句や短歌で慣れ親しんできたもので、”Twitterの140文字”もその文化に通じるところがある、というのが理由の一つといわれています。

ニコニコ民からも「日本人のツイ廃ぶりは世界標準軽く超えちゃってるからなぁ~」「その13%が全て日本人とかそんなんかなコレ」なんていう声があがっていました。

Twitterの用途は人それぞれ。一般的なユーザーやヘビーユーザー以外にも、「メーカーの懸賞キャンペーンで登録しただけ」「フォローだけして情報収集に使ってるからツイートしたことない」なんていう人も少なからずいるので、今回の調査結果のように、そこまで頻繁につぶやくユーザーはごく一部なのかもしれませんね。

(菓子太郎/サイドランチ)

お役立ち情報[PR]