お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

彼に指摘されてガーン! 悲しきカラダの経年変化「アゴに肉が……」「お尻に魅力が出てきた」

20代前半までは、特別な努力をしなくても「女性としての美」を存分に発揮できる時期。しかし、年齢を重ねると、今までどおりにはいきません……。周囲から「加齢に関する指摘」をされるケースも増えてきます。中でもショックなのは、自分のカラダを隅々まで知る彼からの指摘! 女性たちのショックな経験談を集めました。

■それ、図星ですから……

・「『胸がたれてきた?』と言われた。かなり焦っている」(30歳/金融・証券/事務系専門職)

自分でもなんとなく気づいていた変化をズバッと指摘。できれば見て見ぬふりをしてほしかった!? ただ、一度たれたバストを元に戻すのは難しいもの。これ以上変化する前に、指摘してもらえて良かったのかも!?

■だらしないカラダって……

・「『腰まわりやウエスト、アゴに肉がついてだらしない』と言われたことです。代謝が落ちていることを知らされ、焦り、なるべく運動をするようにしています」(29歳/医療・福祉/事務系専門職)

「太ったね」や「痩せてほしい」より、インパクトがあるのがコレ! 彼にサラッとこんなことを言われたら……心の傷になってしまいそう。入浴前のボディチェックを日課にしますかね……!

■痩せすぎ=年をとったから?

・「痩せすぎだと言われた。前と体重は変わってないと言ったら、『きっと年をとったからそう見えるんだね』と言われた」(30歳/機械・精密機器/営業職)

なんとも言えない、悲しい気持ちになるようなひと言を掛けられた女性も。筋肉をつけ、さらに矯正下着にサポートしてもらうしかない!?

■努力のたまもの? それとも単なる熟女好き!?

・「お尻に魅力が出てきたらしいです」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「加齢のことは何も言われたことがない。最近『胸が少し大きくなったのでは』と言われたことはある」(32歳/医療・福祉/専門職)

年齢を重ねるにつれ、カラダにも変化が起こるのは当たり前のこと。それに対して、非常にポジティブな言葉を掛けてくれる彼も! 努力を認めてくれているのでしょうか。それとも、最近はやりの「熟女好き」? 彼のセリフにあぐらをかいてしまうのは少し危険かも。

アラサーを取り巻くひと言って、実にさまざまですね。彼からの厳しいチェックを乗り越えるためには、毎日のセルフチェックは必須。つい「まだまだ大丈夫」とケアをなおざりにしがちなアラサー年代だからこそ、カラダの緩みに気を遣いたいですね。

※『マイナビウーマン』にて2014年1月にWebアンケート。有効回答数266件(22歳~34歳の働く女性)

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]