お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

癒しと刺激、男性が女性に求めるのはどっち?

ストレスの多い現代社会。そんな時代を生き抜く男性は、恋人に何を求めているのでしょうか。やっぱり包み込むような癒し? それとも自分を奮い立たせてくれるような刺激……? ということで、働く男性のみなさんに質問してみました!

Q.癒してくれる女性と刺激をくれる女性、どちらが好きですか?

「癒してくれる女性」86.5%
「刺激をくれる女性」13.5%

やはり、という気もしますが、女性に「癒し」を求める男性が多数を占めました。では、その理由を聞いてみましょう! まずは「癒しを求める」派のみなさんからです。

■疲れているんです

・「疲れているときに癒やされたいから」(29歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「世の中が世知辛いから。プライベート位ゆっくりしたい」(30歳/食品・飲料/技術職)

・「仕事や日常で疲れることが多いので、癒してくれるパートナーを自然と求めてしまう」(32歳/情報・IT/営業職)

とにかく疲れているから癒やされたい、という男性の声が多数! 恋人との時間はリラックスした気分で過ごしたいということでしょうか。みなさん疲れていますね……。

■長期的に考えると癒しがほしい

・「刺激は段々と疲れてきそうだから」(29歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「刺激は最初はよくても、最後は安定した癒しがほしい」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「長期的に考えるなら、癒しをくれる女性が魅力的」(33歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

・「おっとりした癒し系の女性が好きだから」(30歳/情報・IT/技術職)

好みのタイプが「癒し系」という男性も多い模様。確かにそんな女性と一緒なら、気持ち穏やかに、まったりとした時間を過ごせそうですよね。

■刺激は間に合ってます

・「社会生活の中ですでに刺激にさらされているから」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「刺激的な生活は別に1人でもできるから」(26歳/建設・土木/技術職)

・「刺激は仕事で毎日嫌でも受けているので、女性に対しては癒しを求めてしまうから」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

普段の生活や仕事から、刺激は十分受け取っています!という声も。日常生活で刺激をたくさん受けている分、恋人との時間はやさしい気持ちでいたいのかも。

では続いて、「やっぱり刺激がほしい!」というみなさんからの声です。

■刺激から気持ちのハリをもらえる!

・「刺激がないとハリがない。つまらない」(29歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「高め合うのが大事」(29歳/食品・飲料/技術職)

・「自分も頑張ろうという気持ちになるから」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「自分も成長できるから」(28歳/商社・卸/事務系専門職)

恋人から刺激をもらうことで、気持ちのハリや、頑張る気力をもらえるという男性も。お互いがいい意味で刺激しあえれば、高めあえる関係を築くことができそうです。

ストレス過多の時代だからか、女性には「癒し」を求める男性が多いという結果になりました。大切な彼を癒してあげられるような女性になれるといいですね。

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年3月にWebアンケート。有効回答数133件。22歳~34歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]