お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

チャイルドシート購入、検討時期は半数以上が「妊娠中」、最も重視するのは「安全性」~タカタ株式会社調べ

チャイルドシート購入時に最も重視する点は?

タカタ株式会社は、直近1年以内にチャイルドシートを購入した男女480名と、今後半年以内にチャイルドシート購入予定の男女160名の計640名を対象に、「チャイルドシートに関する意識・実態調査」を実施、結果を発表した。調査期間は2013年10月15日(火)~10月20日(日) 。

【子どもの指の切断も?車のお出かけで注意したいこと】

チャイルドシートの購入を検討時期については、「出産後」(43%)を上回り、57%がと回答。購入検討期間については、29%が「1ヶ月以上」と答えた。

チャイルドシート購入時に最も重視する点については、半数以上にあたる53%が「安全性」と回答。以降「使い勝手(機能性)」(23%)、「価格」(11%)、「サイズ」(6%)、「評価・評判」(2%)と続いた。

警察庁/日本自動車連盟の2013年4月の調査によると、チャイルドシートの誤装着は乳児用・幼児用合わせて63.9%。この事実について、73%が「知らない」と回答。また、52%が「チャイルドシートならどれでも、簡単に、確実に、正しく装着できると思っていた」と答えたことがわかった。チャイルドシート使用者に、チャイルドシートが正しく装着されているか不安に感じることがあったかを尋ねたところ、64%が「ある」と答えた。

チャイルドシートが正しく装着されているか不安に感じることはありますか?

1999年に国際規格化された世界共通のチャイルドシート固定方法「ISOFIX」の認知度においては、「確かに知っている」と答えた人は21%。「聞いたことがある」が20%、「知らない」は59%という結果に。一方「ISOFIX」の説明後では、64%が「ISOFIX固定タイプのチャイルドシートを利用したいと思った」と回答した。

「ISOFIX」を知っていますか?

お役立ち情報[PR]