お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

猫を飼っている愛猫家、8割以上が「愛猫が褒められると自分のことのように嬉しい」ペットライン株式会社調べ

愛猫の健康管理について、どの程度あてはまるか(項目ごとに単一回答形式)

ペットライン株式会社は、ネットエイジア株式会社協力のもと、猫を飼っている20歳以上の男女2,000名を対象に「愛猫の健康と飼い主の愛情に関する調査」を実施、結果を公表した。調査期間は2014年2月7日~2月14日の8日間。

【ペットの太り過ぎを防ぐ方法】

愛猫の健康管理について聞いたところ、「愛猫の体調の観察を毎日欠かさない」の項目において、約3人に1人にあたる31.4%が「とてもあてはまる」と回答。愛猫の体重や体温を毎日計測するかにおいては、17.2%が「あてはまる」と答えた(「とてもあてはまる」「ややあてはまる」の合計)。

愛猫に健康診断について、「定期的に受けさせている」は18.6%、「受けさせているが、定期的ではない」は35.5%となり、合わせて54.1%「健康診断を受けさせている」ことがわかった。健康診断にかかる年間費用については「5,000円未満」が22.8%、「5,000円以上10,000円未満」が40.6%、「10,000円以上15,000円未満」が16.9%となり、平均金額は12,098円であった。

愛猫に健康診断を受けさせているか(単一回答形式)

愛猫の健康診断にかかる年間費用(単一回答形式)

愛猫に“かかりつけ医”がいるか聞いたところ、62.1%が「いる」と回答。定期的に健康診断を受けさせている人では「かかりつけ医がいる」割合が89.0%を占めた。また、不定期でも健康診断を受けさせている人では74.3%となり、健康診断を受けさせていない飼い主(41.8%)よりも高い傾向にあった。

愛猫がかかることを心配している病気では、「感染症(猫風邪、猫エイズ、猫白血病ウイルスなど)」(40.0%)や「泌尿器の病気(下部尿路疾患、腎不全、膀胱炎など)」(39.5%)が約4割を占め、「悪性腫瘍(乳がん、リンパ腫、扁平上皮がんなど)」が3割強(32.2%)となった。

愛猫に“かかりつけ医”がいるか(単一回答形式)

愛猫がかかることを心配している病気(複数回答形式)

実際に愛猫がかかったことのある病気については、「泌尿器の病気」が23.1%で最も高く、次いで「感染症」(16.0%)や「目の病気(結膜炎、角膜炎など)」(13.6%)、「皮膚の病気(アレルギー性皮膚炎など)」(11.2%)が続いた。また、愛猫がなんらかの病気にかかったことがある割合は半数を超える(55.4%)ことがわかった。

実際に愛猫がかかったことのある病気(複数回答形式)

愛猫の健康維持のための情報収集においては、半数以上が「動物病院の獣医師・動物看護師に聞く」(51.1%)と答え、次いで「ペットの飼育関連の情報サイトを活用する」(42.2%)、「専門書・専門誌を読む」(28.9%)、「家族や友人に聞く」(21.7%)が続いた。

愛猫の健康維持のための情報をどのように収集しているか(複数回答形式)

愛猫に対する気持ちについて、「愛猫が褒められると自分のことのように嬉しい」との項目では、83.2%が「あてはまる」と回答(「とてもあてはまる」「ややあてはまる」の合計)。「愛猫をみるとシゴトや家庭のストレスが吹っ飛ぶ」との項目では、87.5%が「あてはまる」(「とてもあてはまる」「ややあてはまる」の合計)と答えた。

愛猫に対する気持ちについて、どの程度あてはまるか(項目ごとに単一回答形式)

愛猫に対する愛情表現として「愛猫とのスキンシップ」を行なっている割合は65.2%を占め、「愛猫に過剰に接しないようにしている」が18.8%という結果に。愛猫の記録としては、45.6%が「ケータイ・スマホに愛猫の写真を大量保存」を占め、中には「SNSで愛猫自慢」と答えた人も1割強(12.6%)いることがわかった。

愛猫に対する愛情表現としておこなっていること(複数回答形式)

お役立ち情報[PR]