お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド グルメ全般

小中高生の半数以上、親より勉強ができないと思っている ─ すららネット調べ

授業以外で勉強するとき、いちばん勉強に集中できる時間帯は何時ごろですか?

オンライン学習教材「すらら」を展開する株式会社すららネットは、受験シーズンを前に、小中高生の「勉強」に関する意識調査を、小学1年生から高校3年生までの男女723名に実施した。

【これを真似れば賢い子に!? 東大生が育った家庭の秘密4つ】

同調査によると、小中高生が授業以外で勉強するとき、いちばん勉強に集中できる時間帯のトップ3は、1位「20~22時」(27.4%)、2位「18~20時」(20.7%)、3位「22~24時」(12.2%)という結果となった。学校種別にみると、小学生は「16~18時」(23.2%)、中学生は「20~22時」(29.7%)、高校生は「18~20時」(25.4%)という結果で、年齢との相関関係はないようだ。

授業以外で勉強する時、よく使用するものは、「書籍(参考書・教科書)」(61.3%)と、「パソコン」(52.3%)が半数以上で抜きん出て高い割合となった。学校種別にみると、年代が上がるにつれ、「書籍(参考書・教科書)」の割合は減少し、「パソコン」「スマートフォン」の割合が増加している。しかし、「タブレット端末」については下の年代のほうが使用している割合が高い傾向にあった。

授業以外で勉強するとき、よく使用するものは何ですか?

一方、勉強に関して、親にしてほしいことは何かを聞いたところ、「勉強に関して、口出ししないでほしい」(32.1%)の割合が最も高く、次いで、「勉強を教えてほしい」(28.5%)、「勉強したら、おこづかいがほしい」(25.3%)という結果になった。

勉強に関して、親にしてほしいことは何ですか?

また、親と比較して、自分は勉強ができるほうだと思うか聞いたところ、「できると思う」(「できると思う」「どちらかといえばできると思う」の計)が25.7%であるのに対し、「できないと思う」(「できないと思う」「どちらかといえばできないと思う」の計)が53.0%で、親より自分は勉強ができないと思っている子どもの割合が高いことがわかった。

親と比べて、自分のほうが勉強ができると思いますか?

そのほか、頑張る姿が励みになるスポーツ選手のトップ3は、1位「浅田真央」選手(28.8%)、2位「高橋大輔」選手(19.5%)、3位「羽生結弦」選手(10.4%)と、フィギュアスケート選手が上位を占め、子どもたちの「フィギュアスケート」に対する関心の高さもうかがわせる結果となった。

頑張る姿をみると励みになるスポーツ選手は誰ですか?

お役立ち情報[PR]