お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

ブーツにまつわる赤っ恥体験「臭すぎて、弟が消臭スプレーをくれた」「左右違うブーツで出勤」

寒い冬のお出かけには、ブーツが頼りになりますよね。防寒には適していますが、同時に臭いやむくみも気になるもの。今回は働く女子に、ブーツにまつわる恥ずかしいエピソードを聞きました。

■異臭騒ぎ!?

・「女子会の居酒屋が座敷で、ブーツを脱ぐの嫌だなーと思ったが、皆臭かった。皆の足のニオイが混じって本当に臭かった」(30歳/不動産/専門職)

・「ブーツを脱いでの合コンで、脱いだ後の足の臭いが気になって、本気を出せなかったことがある」(27歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「臭くて、食事で座敷に上がった時に納豆臭がする、と騒がれた」(29歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「ブーツが臭すぎて、誕生日に弟から消臭スプレーをもらった」(24歳/不動産/秘書・アシスタント職)

やはり多かった、座敷席での臭い問題。女子会なら笑いにも変えられますが、会社の飲み会や合コンとなるとキツイ……。消臭スプレーを常備している人も多かったですよ。

■むくみでファスナーが飛んだ!

・「足がむくんでブーツのファスナーが上がらなくなり、半分くらい開いたまま歩いた」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「むくみがひどいため、夕方になると、ブーツのチャックがだんだん下がってくる」(29歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「座敷のお店から出る時にブーツがなかなか履けずに、皆を待たせた」(29歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「座敷席での飲み会の後にブーツを履こうとしたらファスナーが飛んだ」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

足のむくみ問題も深刻。意外とふくらはぎ部分が細いんですよね。ファスナーが半開きで歩くのは恥ずかしい! 予め大き目のブーツを買っているという人もいました。

■靴底がとれた!

・「外反母趾ぎみで、骨の出ているところのブーツの皮が剥げてしまった」(28歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「歩いてたら突然ブーツの靴底がとれた」(25歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「ブーツに穴が開いて、足がびちゃびちゃになったことがあります」(27歳/学校・教育関連/専門職)

・「ブーツのヒールが削れて左右で高さが違う」(29歳/建設・土木/事務系専門職)

カカトの部分がめくれやすかったり、ヒール部分が磨り減っていたり。特に安物は壊れやすいので、大事なデートでは避けておきたいところ。

■10円玉がポトリ……

・「足汗をすごくかくので、薄手のタイツをはいて歩くとブーツの中で足が滑り、毎回おならみたいな音が鳴って恥ずかしい」(24歳/旅行会社/販売職・サービス系)

・「臭いをとってくれるというから10円玉を入れていたが、出すのがめんどくさくて入れたままにしていたら、脱いだ時に一緒に出てきて恥ずかしかった」(25歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「はき倒したブーツで冬の函館に行ったら、底の滑り止めがなくなっているので、3分に1回は転倒した」(30歳/その他/事務系専門職)

・「左右で違うブーツを履いて出勤。でも誰にもばれなかったはず……」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

ブーツの中に何を履いていても、脱げなければ隠せるもの。防虫剤が落ちたなんて人もいました。

ここまで事件が多いのも、ブーツならでは。消臭スプレーを携帯したり、その日の予定に合わせて履いていくブーツや靴を選んだりすると、恥ずかしい思いをしないで済みそうですね。

※『マイナビウーマン』にて2014年1月にWebアンケート。有効回答数242件(22~34歳の働く女性)

(OFFICE-SANGA 宮野茉莉子)

お役立ち情報[PR]