お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド雑学 グルメ全般

ピザやデザートがプリンターで作れる日も―食べ物用3Dプリンター「Foodini(フーディニ)」

ものを立体的にプリントアウトすることを可能にした「3Dプリンター」。現在、建築や医療関連、製造業などの幅広い業種で使われ始めています。そして、今回はついに食べ物を作ってしまおうという試みが!スペイン、バルセロナの「

【88.5%が「2D映画」派―映画を見るなら2Dと3D、どっちが好き?】

Natural Machines(ナチュラル・マシーンズ)」が開発中の食べ物用3Dプリンター「Foodini」は、ピザやラビオリ、チョコレート菓子まで作る代物だとか。

業務用として導入された「3Dプリンター」、最近では家庭用の商品も出てきており、樹脂や石膏などの素材をセットし模型などを作れるほか、砂糖を材料に、食べられる砂糖菓子のオブジェクトを作るなど、どんどん新しい用途が生み出されています。

この「Foodini」は、新鮮素材のカプセルをセットし、マシン上のコントロールパネルで好きなデザインを選び、「Foodini」はそれに沿って、下から材料の「層」を作りながら形作っていくそう。

値段はキッチン家電としてはお高めの1300米ドル位になるとみられ、2014年半ばの完成をめどに開発中。作った食べ物は、その後焼く、蒸す、などの加熱作業が必要なものは適宜調理が必要になりますが、形成作業に重宝しそうなことは間違いなし?

!食事だけでなく、ケーキデコレーションなどの細かい作業が必要なものに威力を発揮してくれそう…!

参考:Now You Can 3D Print Your Food With The Foodini
http://www.forbes.com/sites/timworstall/2013/12/11/now-you-can-3d-print-your-food-with-the-foodini/

お役立ち情報[PR]