お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

“モテる女性”のアイテム、4割以上が「絆創膏」と回答 -ニチバン調べ

普段持ち歩いているもの(複数回答)

ニチバン株式会社は、同社の救急絆創膏ブランド「ケアリーヴ(R)」において、18歳~29歳の男性・女性500名を対象に、「女性と絆創膏に関する男女の意識差」の調査を実施。調査期間は2013年12月14日(土)~2013年12月17日(火)。

【絆創膏、おみくじ……「ついお財布に入れてしまうもの」】

18歳~29歳の若者を対象に、「普段持ち歩いているもの」を複数回答形式で調べた結果、上位3項目は「ポケットティッシュ」(65%)、「ハンカチ」(57%)、「手帳・メモ帳」(44%)。4位には30%で「絆創膏」が続いた。なかでも「絆創膏」においては男女差の開きが一番大きく、男性の16%に対し、女性は43%。その差27ポイントとなった。

女性らしさを感じる持ち物について上位3項目に選ばれたのは、「ソーイングセット」(63%)、「絆創膏」(52%)、「ウェットティッシュ」(43%)。

女性を対象に、「“モテる女性”は持ち歩いていると思うアイテム」を尋ねたところ、44%が「絆創膏」と答えた。また、ハンカチやティッシュの他に、「ソーイングセット」(33%・女性の携帯率は8%)、「ウェットティッシュ」(20%・女性の携帯率は22%)などのアイテムが挙げられた。

“モテる女性”は持ち歩いていると思うアイテム

次に、男性を対象に絆創膏にまつわる女性とのエピソードを質問したところ、「絆創膏を貼ってもらって以来、女性として先輩を見るようになった(香川県・男性22歳)」、「絆創膏を持っているのを見て、女子力を感じた(静岡県・男性26歳)」といった経験談が寄せられた。

引き続き男性を対象に、同年代の女性に絆創膏を貼ってもらった経験について尋ねたところ、25%が「ある」と回答。経験者においては、およそ半数にあたる48%が、「それまで意識していなかった人でも、絆創膏を貼ってもらった瞬間に恋をするかもしれない」と答えた。

それまで意識していなかった人でも、絆創膏を貼ってもらった瞬間に恋をすることはあると思いますか?

お役立ち情報[PR]