お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド グルメ全般

自宅でパスタ、7割以上が「市販のパスタソースを使用」 -マイボイスコム株式会社調べ

自宅でパスタを食べる頻度

マイボイスコム株式会社は、同社が運営する「MyVoice」のアンケートモニターを対象に、第2回目となる『パスタソース』に関してインターネット調査を実施。調査期間は2013年11月1日~11月5日、有効回答数は11,327名。

【シンプルで濃厚な「生うにのパスタ」の作り方】

自宅でパスタ料理を食べるかを尋ねたところ、「食べる」と答えた回答者は88.0%。自宅でパスタ料理を、どのくらいの頻度で食べるかについては、「月に2~3回」(31.5%)が最も多く、週1回以上パスタ料理を食べる人は19.3%という結果となった。性別では、女性の方が食べる頻度が多い傾向にあり、中でも40代女性が最も多かった。それに対し、最も少なかったのは、20代男性という結果に。

自宅でパスタ料理を食べる人が、市販のパスタソースを利用する割合は73.2%。なかでも「レトルトのパスタソース・温めるタイプ」(56.7%)の利用が最も多く、「市販の缶詰のパスタソース」は30.6%であった。

自宅でパスタを食べる頻度

好きなパスタの種類・ソースについては、58.8%が「トマトソース」と回答、以降、「たらこ・明太子」「ナポリタン」「カルボナーラ」「ミートソース、ボロネーゼ」が続いた。なかでも「カルボナーラ」においては、10代では1位、男性20・30代や女性20代では2位にあがるなど、若年層で高い傾向にあった。

好きなパスタの種類・ソース

パスタソースについて、「だいたい同じ商品を買う」と回答した人は33.9%であったのに対し、ほぼ同じ割合で「特に決まった買い方はない」と答えた人も31.6%を占めた。

パスタソース購入時の銘柄忠誠状況

お役立ち情報[PR]