お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

東京・下北沢に古書店『クラリスブックス』オープン-神保町のの古書店に約10年間勤めた店主が開く

CLARIS BOOKS クラリスブックス 店内

下北沢北口の一番街商店街に、白を基調とした約10坪の古書店『クラリスブックス』が12月1日オープンした。

【「古本を買ったら1万円が!」そういうことってあり得るの?】

神田神保町の古書店に約10年間勤めたという店主が、スタッフと共にセレクトしたという古書類は、哲学や思想・文学・美術をはじめとする、全10ジャンル。

「哲学や思想」については、プラトンやアリストテレスなどの古代哲学から、ニーチェ、ハイデガー、フーコーなどの現代思想も取り揃えられ、今後は、勉強会や読書会等を開催する予定とのこと。

また、現在、イラストレーター 丸子 万葵氏のシルクスクリーンによる蔵書票が展示・販売されており、今後も、雑貨や若手アーティストの作品なども展示・販売予定だという。

古本の買取も随時受付しており、ホームページでは、商品在庫を画像付きで閲覧できるほか、スタッフによるブログも随時更新中。月曜は定休、営業時間は、日曜・祝日12:00~19:00、その他の曜日は12:00~20:00。

お役立ち情報[PR]