お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

これをやったら嫌われる! アメリカでタブーな行動「レストランでエクスキューズ・ミーと叫ぶ」

さまざまな国籍の人が住む人類のるつぼ・アメリカ。懐が広い印象のある国ですが、もちろん共通常識は存在します。ぜひアメリカに行ったら、日本人がやらかしがちな、こんなタブーに注意してみてくださいね。

【年末年始のパーティーでタブーな話題「Facebookなどのフォロワー数」⇒】

■麺をすすって食べてはダメ

日本では麺通、そば通の証しでもある「すすり」は、アメリカでは下品な食べ方です。あと一口でパスタが口に入るというときも、気を抜かず、「ずずっ」とすすりたい気持ちを抑えましょう。

■クジラの竜田揚げ、馬刺しを食べたことがあるとは、絶対言ってはいけない

あまり話題にのぼることはないかもしれませんが、クジラ肉や馬肉を食べたことがあるとアメリカで自慢してしまうのはNG。アメリカの人は、珍しい肉を食べる人に対して自然保護の観点から、強い拒否感を示すのだそうです。相手からそれとなく探りを入れられても、決して乗らないようにしましょう。

■誰かとぶつかったら、無視しちゃダメ

通勤時の満員電車、行列、スクランブル交差点でのすれ違い時など、日本では「他人の体に、ぶつかってしまう」ことは日常茶飯事ですが、アメリカではそう多くはありません。そのためすれ違いざま、少し体や衣服が他人に触れただけなのに「ソーリー」という人が多いようです。誰かにぶつかったときに、何ごともなかったかのようにスルーするのは避けましょう。

■たとえ日本食レストランでも、器を持って口をつけない

海外では日本食レストランでも、みそ汁にはスプーンがついて出てきます。つい、いつもの習慣でみそ汁のおわんから汁を飲んでしまいたくなりますが、この行動は周囲から下品だと思われたり、マナー違反だと思われてしまうとか。たとえ目の前にあるものが日本食だとしても、郷に入れば郷に従え! の精神で、直接器に口をつけないようにしましょう。

■「エクスキューズ・ミー!」とレストランで叫ばない

追加注文をしたいとき、お皿をすぐに下げてほしいときなど、日本では「すみませーん!」と店員さんを大声で呼ぶのが通常ですが、アメリカでは異常な行動に映るようです。またアメリカではテーブルを担当する店員が決まっているため、いくら叫べども担当者以外は寄ってこないのだとか。何かしてほしいことがあったとしても、店員さんが声をかけてくれるまで、じっと辛抱して待ちましょう。

いつもと同じ感覚で海外に行くと、知らず知らずのうちにタブーを破ってしまいがち。ぜひその国を知り、発見をさらに増やすためにも、いろんなタブーの存在を頭の片隅に入れつつ、旅を楽しんでみてはいかがでしょうか?

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]