お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

20代男子の約3割「LINE告白」の経験あり 約2割は「LINE失恋」の経験も!?

LINEに関する言葉のやりとりについて

株式会社ジャストシステムは、セルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」を利用して、全国の15歳~29歳の男女800名を対象に、「SNSに関する調査」を実施した。

【女子ウケする、LINEテクニック「グループトークから突然2人きりに」】

LINEを使用する10代~20代の人にLINEに関する言葉のやりとりを聞いたところ、6割以上(60.1%)が「LINEで連絡ちょうだい」ではなく、「LINEちょうだい」という言い方を日常的にしていることがわかった。そのほか、「LINEで連絡するから」ではなく「LINEするから」を使用する人は76.2%、「LINEで連絡しておいて」ではなく「LINEしておいて」を使用する人は71.5%となった。

「LINEで異性に告白したことがある」人は13.5%だった。性別、年代別でみると、20代男性が最も数値が高く、31.3%となった。「LINEで異性に振られたことがある」人も11.0%おり、性別、年代別でみた場合、この項目でも20代男性が最も数値が高く20.9%だった。

LINEで異性に告白した経験

LINEで異性に振られた経験

10代~20代の学生にスマートフォンを利用しはじめてからのライフスタイルの変化について聞いたところ、「スマートフォンにしてから教科書を見る時間が減った」と回答した人が28.9%いた。年代別でみると、10代が31.9%、20代が18.5%となった。

そのほか、LINEでのメッセージの送り方について聞いたところ、「メッセージを送るときに確定を押さずにそのまま送る」と回答した人が4割(42.3%)を越えた。このことから、送りたい文章を入力し終わってから送信するのではなく、文節単位で細切れに入力しては送信し、やりとりするのが10代から20代では一般化していることがうかがえる。

また、LINEなどのSNSアプリに対する考え方について、「新しく、みんなが使うようなアプリが出てきたらそちらに乗り換えようと思う」と回答した人が40.8%となった。

お役立ち情報[PR]