お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

美容家が指摘する、話題の冷水美容法の落とし穴「汚れが落ちない」「化粧水が浸透しない」

パシャパシャと冷たい水を使って行う、冷水美容法。有名モデルが実践していることでも話題になっていますよね。

しかし、そこには皮膚科学的にNGな落とし穴が!? 女性誌のコスメコーナーなどを始め、「美容のカリスマ」として活躍する美容家・深澤亜希さんにお話をうかがいました。

【顔や頭の形!? ヘアスタイルのお悩みは? ⇒】

■どうして冷水洗顔がNGなの?

1.水の冷たさで「油が固まる」!?

「クレンジング時に冷水で顔をすすぐと、クレンジングやファンデーションなどのメイク剤に含まれる『油分』が固まり、汚れがきちんと落ちないのでNGです。ただすすぐだけのときでも、皮脂が落ちにくいので、お勧めできません。

逆に、熱いお湯での洗顔も、皮脂を落とし過ぎてしまうので乾燥の原因になります。クレンジングや洗顔は、『ぬるま湯』が正解です」

2.スキンケアコスメの「浸透が悪くなる」!?

「冷水洗顔は、一時的に毛穴を引き締めてしまい、次に使うスキンケアコスメの浸透を悪くしてしまいます。

洗顔後の化粧水や美容液を肌の奥まで浸透させるには、ある程度毛穴を開いた状態にしておく必要がありますね」

3.「赤ら顔」の原因になる可能性も

「冷たい刺激によって毛細血管が開き、赤ら顔の原因になることがあります。例えて言うと、東北地方など寒い地域で暮らす子どもたちの真っ赤なほっぺと同じですね。冷たい空気に触れ、血管が拡張された状態が続くとそうなってしまうのです」

■冷水パッティングにも落とし穴が……

・肌は「刺激」に弱い!?

「そもそも、パッティングは肌に余計な『刺激』を与え、赤ら顔やシミ・シワなど肌トラブルの原因になることがあるのです。

よく『パッティングすると化粧水の浸透が良くなる』『年齢の数だけパッティングして肌を引き締める』などという美容法を聞きますが、そのような効果はナシ!

美肌になるには、とにかく『優しく優しく』ケアすること。たたく、ひっぱる、こするなどは絶対にNGです」

・毛穴が引き締まるのは「一時的なもの」

「冷水美容法において、引き締め効果は確かにあります。しかし、それは『一時的なもの』。

毛穴は、気温や湿度で開いたり閉じたりするので、一時的に引き締まってもまた開いてしまうのです。その一時的な効果のために冷水美容法を続けていくと、先に話したような肌トラブルの原因になってしまいます」

■お手軽! 冬の乾燥対策のすすめ

乾燥が気になる冬の季節に、忙しい人でも簡単に行える美容法を深澤さんに教えていただきました。

・ファンデーションに、1滴の美容オイルを

「冬の日中にお勧めなのは、朝メイクをするとき、リキッドファンデーションやクリームファンデーションに、『美容オイルを1滴足す』こと。乾燥対策になり、オイルの効果でツヤ美肌に仕上がります!」

・携帯サイズの「乳液」をバッグに忍ばせて

「メイク直し用に、試供品や小分けタイプの『乳液』をバッグに忍ばせておくと便利! 乳液をコットンになじませ、ヨレた部分だけサッと拭き取れば、皮脂やくすみを解消でき、同時に保湿もできてしまいますよ」

・冷水でも、お湯でもなく「ぬるま湯」で!

「ぬるま湯なら、肌に余分な刺激を与えず、クレンジングも洗顔も可能。『乾燥』し過ぎたり、『敏感』な肌になったりすることもなく、何より『肌に優しい』のが最大のメリットですよ」

「汚れが落ちない」「肌への刺激になる」という、数々の落とし穴があったとは! 知らずに冷水美容法を続けている友人がいたら、そっと教えてあげてはいかがでしょうか。

深澤亜希(ふかさわ あき)
美容家。数々の人気女性誌の美容ページで執筆を行った後、美容家として活動。現在は、書籍の執筆、女性誌やWEBサイトへの執筆・出演、美容コンテンツのプロデュース、広告記事の監修、テレビやラジオ番組への出演、商品開発、など幅広く活躍。「女性は正しい美容法を行えば、誰でも必ずキレイになれる」をモットーに発信されるさまざまなビューティメソッドやメッセージは、キレイになって気持ちまで前向きになると女性から絶大な支持を得ている。著書「白ツヤたまご肌のつくりかた シミのできない魔法の美白ルール40」(三空出版)。
公式ブログ http://ameblo.jp/aki-fukasawa/

(OFFICE-SANGA Ai Kageyama)

お役立ち情報[PR]