お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 “愛されボディ”になるヒント

家事が得意で美意識が高い!? 「女性よりも女性らしい」男性の特徴

最近あなたのまわりにも、男性なのに、女性よりも女性らしい男性が増えていませんか?。「草食系男子」や「オス化女子」など、性別が逆転したような言葉もすっかり定着していますよね。では、みんなのまわりにはどんな「女性よりも女性らしい」男性がいるのか、働く女性に聞いてみました!

Q.あなたは、男性を見て「女性よりも女性らしい」と感じたことはありますか?
ある 64.1%
ない 35.9%

6割以上の人が「ある」と回答。では早速、具体的な内容を見ていきましょう。

■美意識の高い男性
・「常に眉毛を整える人とか、すごいと思う。私は女なのに、眉毛ボーボーのときがあるから。前髪で隠してごまかしたりしている」(31歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「眉がきれいに整っており、美肌の持ち主を見ると、かなわないと思う」(29歳女性/医療・福祉/専門職)

肌のキメの細やかさ、眉毛の処理に時間と手間をかけている美意識の高い男性に、女としてかなわないな、と感じる女性は多いようですね。

■料理上手な男性
・「男友だちの手料理を食べたとき、魚をおろしたりみそ汁を作ってくれたりしておいしかった」(28歳女性/生保・損保/専門職)
・「自分よりも手際よく、おいしく手料理をふるまってくれたとき」(24歳女性/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「気配り目配りができて、遊びに行ったら冷蔵庫にあるものでぱぱっとおもてなし料理を出した男友だち」(30歳女性/金融・証券/事務系専門職)

「料理は女性らしさの象徴」と感じている人が多いのか、料理の得意な男性に「女として負けた」と感じる女性が多いようです。

■整理整頓&片付け上手
・「部屋がキレイに掃除されていた」(29歳女性/商社・卸/事務系専門職)
・「彼が私の家のトイレやお風呂をピカピカに掃除してくれたこと」(29歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

ズボラ女子にとっては目からウロコの掃除上手の男性。やはり「私より女性らしいな」と感じてしまう一瞬でしょうね。

清潔感あふれる見かけに料理上手で掃除も完璧とくれば、まさしく女の鏡! そんな男性が、巷には増えてきているようですね。とはいえ、女性として、「女性らしさ」で男性に負けるなんて悲しいもの。みなさん、あきらめず、日々「女磨き」に励みましょうね!

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2013年9月にWebアンケート。有効回答数320件(マイナビウーマン会員:22~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]