お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

東京駅八重洲側が新しく変わる! 「GRANROOF(グランルーフ)」9月20日にオープン

「GRANROOF(グランルーフ)」完成予想パース

JR東日本グループの株式会社鉄道会館は、東京駅八重洲口において、JR東日本が推進する「東京ステーションシティ」開発プロジェクトの「GRANROOF(グランルーフ)」の完成とともに、その地下1階から3階に商業施設15店舗を、9月20日に開業する。

【電車の中でおでん? 変だけど楽しいローカル線自慢】

同プロジェクトでは、東京駅丸の内駅舎や皇居など、丸の内側の持つ“歴史・伝統”などのイメージに対し、八重洲側はツインタワーや光の帆をモチーフとした大屋根を配したグランルーフといった近代的デザインで“先進性・先端性”を象徴した都市景観を創出。その八重洲口のランドマークであるグランルーフの商業施設として、新たな人の流れを創出する。

グランルーフの商業施設は、地下1階から地上3階まで全15店舗で構成。2階ペデストリアンデッキフロアは、南側のグラントウキョウサウスタワー、北側の大丸東京店の2階部分と直結している。

B1F「Travelゾーン」では、各地を旅した気分になる食を集結。肉、魚の2つのゾーンで構成する。例えば、東京初出店となる「山形酒菜一(やまがたさかないち)」では、山形県庄内浜の魚介類のおいしさや食文化を伝える庄内浜伝道師によりつくられた魚の干物などを中心に、山形蕎麦や希少性の高い山形の地酒などを提供する。

1F~M2「Cultureゾーン」では、テイクアウトとイートインフロアを設け、食を通して日本と世界の文化を発信する。「東京 米 BARU 竹若」では、日本の食文化の代表である米を切り口に、軽食からアルコールまで総合提案し、新しい日本の食文化を発信する。また、世界をテーマとした店舗として、「R.L WAFFLE CAFE(エール・エル ワッフル カフェ)」では、自分でワッフルを焼いて食べられるメニューをはじめ、食事系からデザート系まで、ここでしか味わえないワッフルメニューを多数用意している。

2F~3F「Healthゾーン」では、2Fは洋テイストのカフェ・レストラン「VOLPUTAS OLIVEOIL DINING TOKYO(ウォルプタス オリーブオイル ダイニング トーキョー)」にて、高品質のオリーブオイルや京都の自家農園から届く野菜など、ヘルシーな食材やソースなどを使用したメニューを提供。3Fは日本を代表する老舗茶舗の「福寿園」が茶事の茶懐石をフレンチにアレンジして提供するほか、茶道体験、お茶のブレンドを楽しむ体験講座など、さまざまな取組を展開する予定。

また、2F「ICTゾーン」は、ゾーン全体を「ICTテラス」と命名。「ドコモショップ」「MOBILE accessory Premiumcafe(モバイル アクセサリー プレミアムカフェ」「docomo M2M Square(ドコモ エムツーエム スクエア)」の3ショップを展開する。

お役立ち情報[PR]