お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

薄毛の男性はFacebook上で「いいね!」する回数が多いと判明

SNSの利用目的を教えてください

薄毛治療専門医院の銀座HSクリニックは、薄毛とSNSの間にどのような関係性があるのかなどを調査するため、20~60代の男性400名を対象に「薄毛とSNSに関する意識調査」を実施した。調査時期は7月。

【女子の薄毛が急増中!?  後悔しないための「ハゲ対策法」まとめ】

●薄毛の男性はSNSでの出会いに積極的

Facebookを利用している人にSNSの利用目的を聞いたところ、67.5%が「友達との交流や情報収集」に使用していると回答した。”薄毛の男性”については、「異性との出会いやコミュニティ参加」を期待している人が”薄毛ではない男性”より約2倍多くなっている。

2013年4月に同クリニックが行った「薄毛と仕事に関する意識調査」では、”薄毛の男性”の方が、”薄毛ではない男性”に比べ出世意欲が高いことがわかっており、ここでも薄毛の男性の積極性が目立つ結果となった。

●薄毛の男性はFacebook上で「いいね!」をする回数が多い

友人の投稿に「いいね!」機能を利用する頻度を聞いたところ、「ほぼ毎日(薄毛の男性24%、薄毛ではない男性20%)」、「週1回以上(同71%、同59%)」と回答した人の割り合いは、いずれも”薄毛の男性”が”薄毛ではない男性”を上回っている。

一方、「月に一回程度(同12%、同26%)」もしくは「それ以下(同29%、同33%)」と回答した人は、”薄毛ではない男性”のほうが多く、薄毛男性は友人の投稿に敏感に反応していることがわかった。

Facebook上で友人の投稿に「いいね!」機能を利用する頻度

●「若いころの写真」使っている割合も上回る

SNSで使用しているプロフィール写真について聞いたところ、薄毛、薄毛ではないに関わらず「現在の自分の写真」を使っている人が最も多いことから、大半の男性は、ありのままの自分をSNSで見せていることがわかる。「自分の若い事の写真を使用している」という人は僅かだったものの、”薄毛の男性”が”薄毛でない男性”の倍以上「自分の若い事の写真を使用している」と回答していた。

SNSで使用しているプロフィール写真について

●薄毛の人がSNS投稿の中で最も嫌いな話題は「髪の毛」

SNS投稿でもっとも嫌いな話題について聞いたところ、”薄毛ではない男性”の1位が「他人の年収について」だったのに対して、”薄毛の男性”の1位は「髪の毛(薄毛)について」だった。”薄毛ではない男性”は、特に「髪の毛」や「匂い」などは気にしておらず、「年収」や「リア充な自分」など他人のプライバシーに関するネタが嫌いな傾向がうかがえる。

SNSの投稿で嫌いな話題ランキング

お役立ち情報[PR]