お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

ファミリーマート、具材にこだわった「中華まん」を8月13日より販売開始

肉まん(三元豚使用)

株式会社ファミリーマートは、定番商品のさらなる美味しさを追求した、2013年度版「中華まん」を、8月13日(火)から全国のファミリーマート店舗約9,800店で販売する。(一部店舗を除く)

【働く男性が「女性に作ってもらいたい料理」】

今年の中華まんは、“定番商品のさらなる美味しさの追求”をテーマに、肉まんには三元豚を使用し、またあんまんには北海道十勝産小豆を100%使用するなど、より具材にこだわった中華まんにリニューアルした。

三元豚使用の肉まんには、豚肉は、肉質が良いと言われる“三元豚”を使用し、肉の量を前年比約14%増量。たけのこ、しいたけなどの具材に、隠し味として金華ハムエキスを入れることで肉の旨みをより一層引き出した。
その他、4種のチーズと完熟トマト使用の「ピザまん」や、35種類のスパイスを使用した「カレーまん」、北海道十勝産小豆100%使用の「つぶあんまん」、直火釜でじっくりと炊き上げたあんを使用の「こしあんまん」をラインナップ。価格は100円から110円。

お役立ち情報[PR]