お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

日本旅行で最も料金を支払う旅行者はアメリカ人 – Hotels.com

オンラインホテル予約サイトの「Hotels.com」は、世界の主要都市にあるホテル宿泊料金を定期的に調査している「Hotel Price Index(HPI)」の、2012年度(1月~12月)から、海外旅行者が日本で宿泊する際の平均宿泊料金について発表した。

この調査は、同サイトに案内が掲載されている世界155,000件を超えるホテルをサンプルとし、2011年と2012年で比較検証したもの。サイトを通して行われた実際の予約に基づいており、提示価格は掲載用料金ではなく、2012年通年に旅行者が支払ったホテルの、1部屋1泊あたりの実料金を表示している。

●日本旅行で最も料金を支払う旅行者は?アメリカ人?

訪日旅行者が日本で支払う宿泊料金は、19カ国が前年と比べて増加しており、9カ国のみで減少。最高支払額と最低支払額の差は1泊「3,901円」となった。

日本での宿泊に最もお金を使っていたのは、アメリカ人旅行者で「13,109円(5%増)」、次いで、2位がブラジル人旅行者の「12,549円(3%増)」、3位がオーストラリア人旅行者の「12,387円(8%増)」。

上位10位には、ヨーロッパから3カ国、アジア・パシフィックから4カ国、そしてアメリカ大陸から3カ国がランクイン。ヨーロッパの国のうち最もお金を支払ったのは4位のイギリスで「12,222円(7%増)」、アジアの国のうち最も高かったのは5位の中国で「12,083円(9%増)」だった。

なお、増加率が最も大きいのはメキシコで、46%増の「12,051円」(6位)、減少率が最も大きいのはベルギーで、25%減の「9,994円」(24位)となっている。

SHARE