お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

3,500円以下などコスパが良いお店も紹介「ミシュランガイド広島 2013 特別版」発表

ミシュランガイド広島 2013 特別版

日本ミシュランタイヤは、レストランとホテルを紹介する、「ミシュランガイド広島 2013 特別版」のセレクションを発表。書籍版「ミシュランガイド広島 2013 特別版」の発売に先駆けて、ウェブサイト「ミシュラン ガイド・デジタル」にてセレクションを公開している。

「ミシュランガイド広島 2013 特別版」では、レストラン278軒、旅館48軒、ホテル36軒の計362軒を掲載。「三つ星」(そのために旅行する価値がある卓越した料理)として、広島市の「なかしま」(日本料理)が選出されたほか、「二つ星」(遠回りしてでも訪れる価値がある素晴らしい料理)にレストラン5軒、「一つ星(そのカテゴリーで特に美味しい料理)」にレストラン23軒と旅館1軒が選ばれた。

また、362軒のうち49軒に、?コストパフォーマンスの高い食事を提供する、星は付かないお店の中でも特におすすめのレストラン?を表す「ビブグルマンマーク」を表記。同セレクションのビブグルマンマークは、「3,500円以下で食事ができるお店」につけられており、世界で初めて「穴子」「お好み焼き」というカテゴリーが登場している。

そのほか、「星は付かないがおすすめの店」を200軒紹介。この中には、日本のミシュランガイドでは初となる、「タイ料理」、世界で初となる「牡蠣料理」というカテゴリーが含まれているとのこと。

なお、書籍「ミシュランガイド広島 2013 特別版」(5月17日発売)の価格は2,520円。「ミシュランガイド・デジタル」の価格は年間2,310円(書籍購入者1,575円)となる。

(C)MICHELIN

SHARE