お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 エンタメ全般

“たまごっち”でネットが学べる子ども向けサービス「TamaGoLand」スタート

TamaGoLandサイトイメージ

バンダイナムコゲームスは、「たまごっち」のキャラクターを使用した小学生向けネットサービス「TamaGoLand(たま GO ランド)」の正式サービスを、5月1日からスタートする。


今回同社が提供を開始するのは、「たまごっち」のキャラクターとサイト内で遊びながらネットの使い方を学習する、6~12歳の小学生を対象にしたネットサービス。パズルやミニゲームのほか、サイト上に点在する「タウン」で困っている「たまごっち」たちを手伝うミッションも発生する。

また、プレーヤー同士が友だち(たまとも)になる「フレンド機能」や、友だちとメッセージのやり取りをする「メッセージ機能(たぶれっち)」、自分が選んだキャラクターを「たまもり」(重ねアレンジ)でカスタマイスする「キャラクターカスタマイズ」などを提供。そのほか、子どもたちだけでも安全にサービスを利用できるよう、さまざまな機能やサポートを搭載しているとのこと。

なお、同サービスの利用には、バンダイナムコ IDの登録が必要で、利用料金は基本無料。今後、スマートデバイスへの対応や、有料会員向けのサービスの展開も予定している。

(C)B・W/T・T (C)NBGI

お役立ち情報[PR]