お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

モス、レタスで具を挟んだヘルシーバーガー「モスの菜摘」を5年ぶりに販売

モスの菜摘 モス野菜 オーロラソース仕立て

モスの菜摘 モス野菜 オーロラソース仕立て

「モスバーガー」を展開するモスフードサービスは4月23日、全国のモスバーガー店舗で、バンズ(パン)の代わりにレタスで具材をはさんだ「モスの菜摘(なつみ)」シリーズを発売する。

今回同社では、2004年から2008年まで販売していた同商品を、レタスが旬を迎える季節に合わせて5年ぶりに復活。各商品には、全国約3,000軒の協力農家によって、農薬や化学肥料に極力頼らない方法で栽培されたレタスを約40~50g使用している。

「モスの菜摘 モス野菜 オーロラソース仕立て」は、パティの上にオニオンスライス、オリジナルオーロラソース、トマト、レタスをのせ、さらにオーロラソースをかけてレタスでサンド。

また、「モスの菜摘 テリヤキチキン」は、鶏もも肉(一枚肉)を直火で網焼きして余分な脂を落とし、醤油ベースの甘辛いソースに絡めて二度焼きしたテリヤキチキンを、オニオンスライスと一緒にレタスではさんでいる。

モスの菜摘 テリヤキチキン

モスの菜摘 テリヤキチキン

そのほか、フィッシュフライとみじん切りのオニオンをはさんだ「モスの菜摘 フィッシュ」(300円)、海老カツとキャベツをはさんだ「モスの菜摘 海老カツ」(350円)、特製カツソースに絡めた豚ロースをはさんだ「モスの菜摘 ロースカツ」(340円)、チキンフライにキャベツの千切りをのせてはさんだ「モスの菜摘 チキン」(280円)、全6商品をラインナップする。販売は9月上旬まで。

お役立ち情報[PR]