お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR ボディケア

かさかさボディはもう卒業♡ 高橋ミカさんが教える、●●するだけの乾燥肌対策って?

帝人フロンティア「ラフィナン」

美肌の大敵である「乾燥」。顔だけでなく、カラダのあちこちが乾燥でカサカサする……なんて人も多いのでは? 空気が乾燥する秋・冬の時期だけのお悩みと思われがちですが、紫外線・汗によるダメージや生活習慣の乱れが原因で乾燥肌になる場合もあるので、季節問わず対策は必要です。そこで今回は、乾燥肌に悩むマイナビウーマンスタッフ2人が、エステティシャンの高橋ミカさんに、毎日続けられるボディケアについて教えてもらいました。

★\今回の座談会参加メンバー/★

帝人フロンティア「ラフィナン」

★高橋ミカさん(左):ゴッドハンドと呼ばれ、 多数の芸能人・著名人にも支持されているカリスマエステティシャン。化粧品のプロデュース、各種講演、テレビや雑誌出演などでも活躍中。外資系エステサロン勤務を経て、2004年に隠れ家サロン「ミッシィボーテ」をオープン。

★編集S(中):乾燥は気になるけれど、毎日忙しくてボディケアまで手が回らない!

★営業M(右):年中乾燥肌。特に背中や下着の締め付け部分はかゆみも!

アラサー世代の2人が、これまでたくさんの女性の悩みに向き合ってきた高橋さんにお悩み相談。乾燥から肌を守る毎日のケア法を伝授してもらいました。

毎日忙しい働き女子。
念入りなケアがいいのはわかってるけど……

帝人フロンティア「ラフィナン」

2人に日頃どんな乾燥肌対策をしているか聞いてみると……

編集S編集S
顔は乳液やアイクリームを使ってしっかりと保湿ケアしているけれど、カラダはドラッグストアで売っている安くて大容量の化粧水だけ。お風呂上がりにつけていますが、疲れている日はサボることも……。いつも足首やかかと、ひざ、ひじなどがカサカサしてしまいます。
営業M営業M
私は、冬はしっとりタイプ、夏はさっぱりタイプと使い分けてボディクリームを1年中塗っています。でも、塗った瞬間はうるおうけど、すぐに乾燥してきちゃいます。特に背中は手が届かなくてクリームが塗れないから、かゆみがでることも……。ボリボリかいたり、お風呂でゴシゴシ洗ったりしてしまうこともあります。

一応ケアはしている2人ですが、その方法は合っているのでしょうか?

高橋ミカさん高橋ミカさん
(以下、高橋)
顔は念入りにケアしているのに、カラダは疎かにしがちという人が多いですが、顔と同じように、カラダにも潤いが必要です。それに乾燥は、肌荒れの原因にもなります。Sさんは化粧水だけを使っているとのことですが、油分があるオイルやクリームを使う方がおすすめです。私はオイルとクリームをW使いして、保湿していますよ。
Mさんはかゆくてゴシゴシ洗ってしまうということですが、それはさらに乾燥肌を悪化させてしまうので要注意。カラダも顔と同じように、たっぷりの泡で優しく手で洗ってあげること。また熱いお湯は皮膚への刺激が強いので、お風呂やシャワーの温度は38~40度が理想的。お風呂上がりは少し休んで、適度に汗を逃がしながら、オイルやクリームで保湿ケアをしましょう。

帝人フロンティア「ラフィナン」

優しく洗うことを説明する高橋さん。外側から中心へ(手足の先からお腹のほうへ)洗うと、リンパを流すこともできておすすめとのこと!

ココは盲点!「ボディケア=塗る」だけじゃなかった!?

帝人フロンティア「ラフィナン」

高橋ミカさん高橋
乾燥肌は、空気の乾燥だけでなく汗が原因の場合もあるので、1年中対策は必要。だからこそ、自分に合った、続けられるケア方法を見つけるのが大切です。
編集S編集S
クリームすら塗っていない私でも、毎日続けられるケアがあるといいのですが……自分でも、それくらいやれって思いますけど(笑)。
高橋ミカさん高橋
オイルやクリームを塗るのは手っ取り早い方法ですが、毎日忙しい働く女性やママには大変だし、お手入れ後のベタベタ肌のまま服を着るのが苦手な人も多いはず。最近は着るだけで保湿をサポートしてくれる、“着用する化粧品”もあるんですよね。着るだけなら、忙しい人にもピッタリですね。

めざせ、うるうるボディ♡
最先端保湿アイテム“着用する化粧品”に熱視線!

帝人フロンティア「ラフィナン」

そこで編集部が注目したのが、着るだけで肌に潤いを与えてくれる『ラフィナン®』。なんとこちら、「日本初の着用する化粧品」として届出されたものなんだそう! スポーツウエアなどに使われる機能性繊維で培った加工技術を応用し、健康な肌に近い弱酸性の美容成分を配合。美容パックのようなフィット感で身にまとうだけで肌荒れを防ぎ、皮膚に潤いを与えてくれます。普通のインナーと同じように洗濯も可能なので、お手入れもラクチンです。

『ラフィナン®』をくわしく見る!

早速、みんなで触ってみると……

帝人フロンティア「ラフィナン」

早速、「ラフィナン」を触ってもらいました。

編集S編集S
気持ちいい! シルクみたいな肌触り……これを着るだけでうるおうなんて信じられない!
営業M営業M
フィット感があるのに伸縮性もあるから、着心地がすごく良さそう。“化粧品”なのに洗濯しても着られるってのもうれしい!

帝人フロンティア「ラフィナン」

すでにお試し済みの高橋さんには実際に着た感想を聞いてみると、太鼓判が!

高橋ミカさん高橋
本当に肌触りが良くて、着心地抜群なんです。厚みもちょうどよく、アウターにも響かないので、通年着用できる万能なインナータイプの化粧品ですね。背中など、ボディクリームでは手入れしにくい部分も触れるので手間いらず。くまなくスキンケアができてうれしいですね。

また、肌にふれるものの重要性も教えてくれました。

高橋ミカさん高橋
下着やインナーは肌にふれている時間が長いので、繊維による摩擦や縫い目のこすれなどで肌に刺激を与え続けてしまうことも。また、寒い季節は熱を逃がさない防寒インナーを愛用する人が多いですが、これは肌の水分を奪い過ぎてしまうという欠点が。直接肌に触れるものだからこそ、良い素材のもので自分の肌に合った下着やインナーを選ぶことも大事ですよ。
営業M営業M
なるほど。それならなおさら、着るだけでインナーとしても化粧品としても役立つのはいいことばかりですね!

忙しくてもできる保湿ケアを味方につけて、うるおいたっぷりの肌で春を迎えましょ♡

帝人フロンティア「ラフィナン」

最後に高橋さんから読者のみなさんにアドバイスをいただきました。

高橋ミカさん高橋
紫外線・汗によるダメージから守るためにも、露出が増えるこれからの季節も対策は必要不可欠です。カラダは意外と見られているし、肌は年齢が出やすいので、慌ててケアしても手遅れになる可能性も。特に30代頃からは若さでカバーができなくなってくるので、自分に合ったものをしっかり選択していきたいものです。肌トラブルは未然に防ぐもの。未来の自分のために、今からしっかりと美意識を持ってケアしましょう。

この春から、忙しくてもできる保湿ケアを活用して、乾燥知らずのうるおう女子を目指しませんか?

帝人フロンティア「ラフィナン」

着用する化粧品を身にまとうことでスキンケアができる帝人フロンティアの「ラフィナン」。美容成分が肌に触れているところから徐々に肌にアプローチ。肌を健やかに保ち、肌荒れを防ぎ、皮膚にうるおいを与えます。ラインナップは、タンクトップタイプの美容ボディパック、ショーツタイプの美容ヒップパックのほか、レギンスタイプの美容フットパックや肌荒れを防ぎ、日差しをガードする美容アームパック、かかとケアに最適な美容ヒールパック、手袋タイプの美容ハンドパックなど種類豊富。洗濯しても使用することができるのも魅力です。

『ラフィナン®』公式サイト

ほかのラインナップも見る!

提供:帝人フロンティア株式会社

お役立ち情報[PR]