お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR ビューティ

プロが伝授! 今すぐ始められる、自分を美しく魅せる方法♡【イベント潜入レポ】

気温がグッと上がり、春の訪れを感じる今日この頃。季節の変わり目は、お肌の状態も不安定になりがち。特にこの時期は、冬の乾燥で肌トラブルを起こす人が多いそうです。

そこで、桜が咲き始めた3月23日、女性のキレイを引き出すイベント「女性の魅力は肌から!? プロが伝授! 今すぐ始められる、自分を美しく魅せる方法」が開催されました。参加したのは、より美しく素敵な女性を目指す約100名の女性。新年度に向けてもタメになる、そのイベント様子をレポートします!

一流パーツモデル金子エミさんに聞く! 自分を美しく魅せる、肌のケアと所作の極意

1部のゲストは、パーツモデル/パーツ美容研究家の金子エミさん。

「みなさんはパーツモデルという職業をご存知ですか? たとえばCMで女優さんがペットボトルを飲むシーンを撮影する際、お顔はもちろん女優さんですが、実はそのペットボトルを持つ手はその方じゃない場合があるんです。この手を担当するのがパーツモデル」

女優さんの“手”を担当することを説明する金子さん。

「私の場合は、手にかぎらず、顔と胸、お尻以外のパーツはすべてモデルとして出演しています。毛穴が見えるほど至近距離で撮られる・見られることが多いので、しっかりケアしておかないといけないんです。それに私はもう47歳ですし……」(金子さん)。

その瞬間、会場からは「えっー、若い!」と驚きの声が続出。金子さんは現在二児の母でありながら、これまでCM100本以上、雑誌数100本に出演し。26年間日本を代表するパーツモデルとして活躍。家事・育児をしながら、ケアするのってとても大変そうですが……。

「まず美しい肌の条件はツヤ、メリハリ、しなやかさだと思っています。この3つの条件をキープするために、どんなに忙しくても普段からスキンケア、適度な運動、柔軟体操を欠かしません。そして大前提として、保水・保湿は徹底して行っています。お風呂上がりは、肌の水分が蒸発しやすいので、素早い保湿ケアが大切。また乾燥を感じたらすぐに保水できるよう、化粧水を小さいボトルに入れて持ち歩いています。よく1年中同じケアをしている方がいますが、スキンケアも衣替えが必要。春夏秋冬で湿度が全く異なるので、季節に応じて変えるべきです」(金子さん)。

金子さん直伝☆
“指先からキレイを作るハンドケア法”とは!?

パーツモデルのお仕事のことがわかったところで、金子さんが日頃実践しているハンドケアの方法をレクチャーしてもらい、参加者全員で実践! 「女性は家事や育児など手首を酷使することが多いので、ハンドケアは重要です。それに手は年齢が出やすいパーツのひとつですよ」(金子さん)

金子さんレクチャーの一部をご紹介!

  • 化粧水やクリームでケアする時は、関節を曲げて塗ること。第二関節は、“手の目尻”と呼ばれるほどシワが多い部分なので、手を伸ばした状態だと、シワとシワの間がうまく塗れないので注意。

  • 忘れがちなのが、指の間の水かき。ここは、手の中で一番キメが荒いところで乾燥しやすいので念入りに!

  • 自宅で家事をするときは、クリームを塗ってからゴム手袋をして洗い物をすると、蒸し効果でより美容成分の浸透がアップ!

参加者たちは、「ハンドクリームはいつも持ち歩いているけれど、そこまで意識して塗ったことなかった……」と目からウロコ!

重力に負けない若見え肌をめざす、たるみ改善エクササイズ! 女性らしい所作も忘れずに

「適度な運動や柔軟体操も欠かせない」とおっしゃる金子さんは、ほどよく筋肉があり、引き締まったカラダも素敵。「いくら表面をコーティングしても、筋肉のつき方や締まり方が悪ければキレイにはなりません。それに年齢を重ねると、重力に逆らえずにたるみも気になってきます。だから少しでも重力の影響を遅らせるためにも、毎日数分でも良いのでたるみ改善エクササイズをしましょう」

おすすめエクササイズを2つ教えていただきました!

①座ったままできるエクササイズ

座った状態で片足を宙に浮かせ、ひざから下を前にピンと伸ばし、振り子のように前後させたら、もう一方の足のくるぶし当たりの高さで一旦止め、下ろします。これでひざのたるみを防ぐことができます。

②スクワット風エクササイズ

肩幅に足を開き、かかとをあげてつま先立ちになり、ヒザが90度になるまでに腰を下ろして数十秒キープ。これはヒップアップに効果的です。

また、カラダのケア以外に“所作”に気を配ることも大切とのこと。
「美しい姿勢と女性らしい仕草を心がければカンペキ。たとえばイスに座る時は、背もたれにカラダを預けずに浅く座り、膝を閉じること。ケアももちろん大事ですが、日頃からきちんとした所作を心がけて生活すれば、“美しく魅せる”への近道になると思います」(金子さん)。勉強になるお話ばかりで、終始メモをとる参加者がたくさん。新たな知識を思う存分吸収できたようでした。

美への扉を開く!? 最新保湿アイテムを知る!

2部では、すぐにでも使いたくなる最新の保湿アイテムについて、開発者たちと金子さんによるトークショーが行われました。その最新保湿アイテムとは、「着用する化粧品『ラフィナン』」のシリーズ。

「『ラフィナン』は、日本初の着用する化粧品。弱酸性の美容成分をほんの少しずつ放出する新しい技術を用い、肌に直接触れるように着用することで、皮膚の潤いを保ち、肌本来の美しさを引き出してくれる魔法のような化粧品なんです。衣料品のように洗濯ができるのも特徴です」(帝人フロンティア 技術開発部長 竹下皇二さん)。

これを聞いた金子さんも驚きの表情で、「えー、クリームや化粧品を塗らなくても、潤いを保ってくれるなんて、まさに“まとう化粧水”ですね!」と興奮を隠せない様子。

この『ラフィナン』の潤いを、さまざまなライフシーンで感じられるアイテムもあるということで、最新アイテムが次々に紹介されました。「肌を覆うことでUVカットも可能な美容アームパックや、まとうことで冷え対策にもなる美容ヒールパック、パソコンを打ちながらオフィスでも着用できる美容ハンドパックなどを販売しています」(帝人フロンティア 営業担当 北見卓也さん)。

さらに素敵なヨガウェアタイプの化粧品『ウルウト』も登場。「ハリ、ツヤ、潤いを与えてくれるヨガパンツやブラキャミソールタイプなどを展開。アクティブに動く女性向けに、美肌への道しるべとして開発しました」(デサント開発担当 堂野雅子さん)。

次に紹介されたのは、レッグウェアに主軸をおくアパレルブランドから登場した『ウルナ』。「女性の足元の悩みを助けるアイテムを展開しています。中でも人気は美容フットパック。素肌に着用することで肌荒れを防ぎ、潤いを保ってくれます。フットカバーや着圧タイプなど4種類展開しています」(ナイガイ 可児淳子さん)。

また「トリンプ」からは化粧品として初めて販売可能となったインナータイプも。「新時代の大人の女性に提案するプレミアムブランド『フロラーレ バイ トリンプ』から登場した、まとうだけでスキンケアができる化粧品です。7分袖と袖なしの2タイプ、各2色展開です」(帝人フロンティア インナーウェア営業担当 中嶋千佳子さん)。

みなさんのお話を聞いた金子さんは、「忙しい女性にもピッタリの、手間をかけずにケアできるアイテムばかりですね。全部欲しいです(笑)」と大絶賛。

紹介された商品は、イベント会場に展示され、参加者たちも手に取り、『ラフィナン』の触り心地や、今までにないユニークな商品に興味津々でした。

イベントの最後には、先ほど紹介していただいた最新保湿アイテムのうれしいプレゼントもあり、参加者は大喜び。イベントは盛況のうちに幕を閉じました。

金子さんがおっしゃっていたように、肌は年中刺激を受けているので、保湿は1年中必要。小まめな保湿対策を心がけ、美をキープしていきましょう!

 

提供:帝人フロンティア株式会社

お役立ち情報[PR]