げ、授乳室がない! 先輩ママは外出先でどうする!?

げ、授乳室がない! 先輩ママは外出先でどうする!?

赤ちゃんと一緒に出かけるのは、いろんな準備が必要となりますよね。なかでも一番大変なのは、赤ちゃんのお腹がすいてしまった時。もしも、お出かけした先で授乳スペースがなかった場合、どうするかについてママに尋ねてみました。


外出先で授乳スペースがない時、赤ちゃんに授乳する?

する 35.4%/しない 64.6%

授乳スペースがない場合、外での授乳はしないと答えた人が65%。家の中でも外出先でも、赤ちゃんは、お腹が空けばミルクが必要になります。それがママにとっては悩みのタネですよね。お出かけスポットによっては、授乳室が完備されている施設も増えてきましたが、出先で授乳できる場所を探すのも一苦労です。

外で授乳OKなママの意見

Lazy dummy

お腹がすいて泣きやまないから

・赤ちゃんがお腹を空かせてかわいそうだから、授乳できる場所をさがして(トイレなど)授乳した。(30歳/0歳・3歳児/主婦/その他)

・気にしてない。外でも全然平気になった。(40歳以上/7歳以上/正社員(一般事務)/小売店)

・おなかがすいてないたらしかたない。(40歳以上/6歳児/その他/その他)

赤ちゃんがミルクを欲しがっているなら、周りに配慮しながら授乳するというママの意見がいくつもあがっていました。そのうち、外で授乳するのに抵抗が無くなったという回答も。

うまく隠す

・ケープ等を使って授乳すれば、大丈夫。(38歳/2歳児/公務員・団体職員/団体・公益法人・官公庁)
 
・授乳ケープがあったのでどこでも気にならずにできた。(36歳/5歳児/主婦/その他)

外でも授乳する派の大半は、人目につかない場所を選んでおっぱいをあげていたという回答でした。ケープを準備して、お出かけしているようです。 

ストールを活用

・子供にとって場所は関係ないので、ストールなどで隠して授乳した。(40歳以上/2歳児/嘱託・契約社員/電機)

・電車の中で大泣きされてしまい、やむを得ずストールで隠して授乳したことがある。(34歳/2歳児/主婦/その他)

ずっと赤ちゃんが泣き続けると、周囲の迷惑になると配慮するママもいました。やむを得ずストールで、というパターンを経験した人もいたようです。

赤ちゃんが電車に乗っていいのはいつから? 乗る時の注意点とマナー

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1885

出産後すぐの産褥期は外出ができず、家で赤ちゃんとこもりっきりの日々となりますが、一ヶ月検診を過ぎると外出許可も出て、赤ちゃんも外の世界に触れることができるように。はじめて赤ちゃんと出かけるときはママもドキドキですよね。ここでは赤ちゃんと電車に乗る時の注意点とマナーについて紹介します。

外じゃ授乳はNG!なママの意見

恥ずかしい

・外では落ちつかなく、恥ずかしい。(31歳/4歳児/パート・アルバイト/食品・飲料)

・あかの他人におっぱい見られるのは無理。(39歳/6歳児/パート・アルバイト/機械・精密機器)

・人の目が気になる。せめて、外部から見えない密室が欲しい。(25歳/1歳児/正社員(一般事務)/食品・飲料)
 
NGなママで最も多かったのがやはり「見られることは恥ずかしい」という回答でした。

マナーとして配慮

・他人の目が気になるし、その時間は外出を控える。(40歳以上/3歳児/派遣社員/金融・証券)

・公共マナー的にも外での授乳はしません。初めての地への外出の際は授乳スペース、場所の有無をなるべく調べるようにはしますが…。(31歳/7歳以上/パート・アルバイト/団体・公益法人・官公庁)

・公衆の面前での母乳授乳は問題があると思う。どうしてもというときのためにミルク併用。(39歳/7歳以上/パート・アルバイト/医療・福祉)

赤ちゃんのためとはいえ、外ではばからずに授乳するのはいかがなものか?という意見もありました。そのためにミルクを持参したり、授乳スペースがあるかをあらかじめ確認しているというママの回答も多かったです。

産後も痛くて大変!? ママたちが抱えた授乳の悩みって?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/901

産まれた赤ちゃんが、一生懸命おっぱいやミルクを飲んでいる姿は、見ているだけで幸せな気分になりますね。でも、飲んだ直後に大泣きしたり、お腹がすいているはずなのに思ったように飲んでくれないなど、心配になるママもいるのではないでしょうか。ママたちに授乳の悩みを聞いてみました。

まとめ

外出先でも授乳スペースに限らず授乳すると答えた人は、約35%で少数でした。外でもケープやストールを賢く利用しているようです。ママたちも、赤ちゃんと一緒に外出をしなければならないことはありますよね。まだまだ設備等、整っていない地域も多いですが、あらかじめ出先の近くの授乳スペースをチェックしておいたり、対策をとっておくのも1つの手かもしれません。


マイナビウーマン子育て調べ
調査日時:2016年12月20日〜12月27日
調査人数:133人(21歳〜40代までのプレママ・ママ)

(マイナビウーマン子育て編集部)

【関西】子供の室内遊び場!年代別の人気施設10選

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/142

子供の室内遊び場が大ブームになっていますよね。関東の東京にも色々ユニークな室内施設が集まっていますが、関西エリアも負けていません。関西の室内型施設、遊び方を子供の年代別にご紹介しています。室内だと保護者も見守りやすく、予定を立てやすいのも魅力です。家にこもりがちな季節にもおすすめです。

授乳・ミルクに関する記事一覧を読む

#授乳についてもっと見る!
#子育て 体験談についてもっと見る!

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


【漫画】ワンオペ育児の大変さが夫に届いた「伝え方」と「ものの見方」『ワンオペ育児の呪い』Vol.8

【漫画】ワンオペ育児の大変さが夫に届いた「伝え方」と「ものの見方」『ワンオペ育児の呪い』Vol.8

転勤族の妻で2児の母、ワンオペ育児8年目のヲポコさんが、自分の経験や周囲の声から、ワンオペ育児を考える好評連載。どうしてこんなに苦しいの? もうちょっとラクになる方法があるんじゃないの? ワンオペ育児の現場から、率直かつ切実な声をお届けします。


【漫画】専業主婦の再就職、激戦の保活はどう乗りきる?『専業主婦の再就職日記〜アウェイ育児の向こうがわ〜』Vol.5

【漫画】専業主婦の再就職、激戦の保活はどう乗りきる?『専業主婦の再就職日記〜アウェイ育児の向こうがわ〜』Vol.5

転勤族の夫と結婚し、2人の子供をアウェイな土地で育てる専業主婦だったよいこさんですが、働きたい!と就職活動をスタート。一時は書類審査で全滅して絶望したりもしましたが、なんとか採用をゲット! 家事スキルの低い夫も教育して、 次なる戦いは……そう、保活! 子をもつ主婦の就活のリアルを描きます。


【漫画】子どもの寝起き、悪いのは平日限定という不思議『ちっちゃいけどモヤるぅ~!育児のあれこれ』Vol.8

【漫画】子どもの寝起き、悪いのは平日限定という不思議『ちっちゃいけどモヤるぅ~!育児のあれこれ』Vol.8

子どものかわいい寝顔は天使のよう♪ なーんて、平日の朝には言っていられませんよね! ところが週末は……子育て中のちょっとしたモヤモヤ、笑い飛ばしましょ♪ 姉・イチコちゃん、弟・二太郎くんの2人のお子さんとの暮らしを描くコミックエッセイやかわいいイラストがInstagramや書籍などで大人気! モチコさんがお届けします。


【漫画】強迫性障害の父が怖くてイヤだった……過去の記憶『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.8

【漫画】強迫性障害の父が怖くてイヤだった……過去の記憶『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.8

3人の子のママであるわたしの、毎晩のローテーション。子どもたちが寝室に入る前に、床にはいつくばってベッドの下を確認、クローゼットを開けてまた確認……。強迫性障害を抱えながらの子育てを描くコミックエッセイ連載『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』。父もまた強迫性障害で、それが嫌だったのに……。


【漫画】強迫性障害だった父に子どもの頃思っていたこと『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.7

【漫画】強迫性障害だった父に子どもの頃思っていたこと『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.7

3人の子のママであるわたしの、毎晩のローテーション。子どもたちが寝室に入る前に、床にはいつくばってベッドの下を確認、クローゼットを開けてまた確認……。強迫性障害を抱えながらの子育てを描くコミックエッセイ連載『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』。親になって思い出す、父もまた、強迫性障害でした……。


最新の投稿


【助産師解説】おっぱいが痛い!乳房や乳頭が痛い時の主な6つの原因と対策

【助産師解説】おっぱいが痛い!乳房や乳頭が痛い時の主な6つの原因と対策

授乳中におっぱいが痛くなるママは少なくありません。なぜ痛くなるのか、考えらえる主な4つの原因と対策について助産師さんにうかがいました。自分の痛みがどれに当てはまるのかを確かめ、原因に合った対応を心がけましょう。


【助産師解説】月齢別の授乳間隔の目安は?長い・短いときの原因と対策

【助産師解説】月齢別の授乳間隔の目安は?長い・短いときの原因と対策

赤ちゃんの授乳間隔はどれぐらい開ければいいの?という疑問に、助産師がお答えします。月齢別の目安時間と、長かったり短い場合の考えられる原因と対策についてもお伝えしています。


【助産師解説】母乳が出ないときは?考えられる原因と7つの対策

【助産師解説】母乳が出ないときは?考えられる原因と7つの対策

母乳の分泌量がなかなか増えない、量が足りない……という場合は何が問題なのでしょうか? 母乳が出ないときの考えられる原因と主な対策について、助産師が解説します。母乳の分泌をよくするコツもチェックしてください。


【成長を実感】ドキドキの予防接種!娘の頑張りが健気でかわいい…!

【成長を実感】ドキドキの予防接種!娘の頑張りが健気でかわいい…!

Instagramで子育て漫画を発信されるあいさん。あいさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【お見事】赤ちゃんのヨダレ攻撃をかわすパパの反射神経がすごい

【お見事】赤ちゃんのヨダレ攻撃をかわすパパの反射神経がすごい

Instagramで子育て漫画を発信されるKitoさん。Kitoさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。