【医師取材】妊娠検査薬の正しい使い方のコツと判定結果の見方とは?

【医師取材】妊娠検査薬の正しい使い方のコツと判定結果の見方とは?

妊娠したかなと思ったら「妊娠検査薬」を使ってみましょう。近年では、承認審査を通った製品であればどれも精度が高いです。ここでは、妊娠検査薬の正しい使い方や判定結果の見方、選び方のポイントなどについてお伝えします。


この記事の監修ドクター
産婦人科専門医 中林稔 先生
日本医科大学卒業、虎の門病院医長を経て、現在三楽病院産婦人科部長。 診療のみならず、学会・各地講演をはじめとする医学の普及活動を行う傍ら、教育にも幅広く従事しており、2008年には中林助産師学院を共同設立。自ら講師を務め、6年間連続助産師国家試験合格率100%を達成中。医師+(いしぷらす)所属。

「中林稔 先生」記事一覧はこちら⇒

※記事内の商品を購入した場合、売上の一部がマイナビウーマンに還元されることがあります。

妊娠検査薬を使う目的とは

妊娠検査薬の使い方を知る前に、まずは何のために使用するのか、その目的をきちんと理解しておきましょう。妊娠検査薬は、妊娠の有無を判断・確定するために用いるものではありません。では、何のために使うのでしょうか? それは、妊娠の可能性について確かめ、早い段階で医療機関の検査につなげるためです。

妊娠初期の12週ごろまでは、脳や臓器など、赤ちゃんの重要な器官が作られる時期です。そのため、この期間は栄養摂取や医薬品の使用に特に配慮しなければならず、喫煙や飲酒、感染症などにも一層の注意が必要です。妊娠しているかどうかを知る段階が早いほど早期から気をつけることができ、その分赤ちゃんと母体へのリスクを低くすることができます。

生理が遅れているなど妊娠の疑いがあるときは、まず妊娠検査薬を試し、陽性反応が出たら速やかに医療機関で確定診断を受けて適切な対応をとることが大切です。

妊娠検査薬の正しい使い方

それでは、妊娠検査薬の正しい使い方について見ていきましょう。

使用する時期はいつ?

一般的に、妊娠検査薬は生理開始予定日の1週間後からの使用を推奨しています。妊娠検査薬は、尿に含まれる「ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)」と呼ばれるホルモンの濃度によって妊娠の可能性を判定するものです。通常、妊娠すると排卵日から14日前後でhCGは「50mlU/mL」以上に達し、その後も妊娠10週ごろまで分泌量は増加し続けますが、妊娠検査薬ではこの値を検出感度(陽性反応が出る値)としています。たとえ妊娠していたとしても、hCGの濃度が検出感度に達していないと陽性にはなりません。妊娠を待ち望むときは生理が遅れたらすぐにでも確かめたい気持ちになりがちですが、正確な結果を得るためにも、推奨時期を守るようにしましょう。

どうしても早く確認したいという場合は、「早期妊娠検査薬」というものも市販されています。これは、hCGの濃度が「25mlU/mL」で反応する仕様となっているので、「生理予定日当日」から判定が可能となっています(海外製品ではより早い時期から使用可能としている製品もあります)。ただし、人によりhCGの分泌量とその増加していくスピードには違いがあります。あくまでも早期妊娠検査は参考としてチェックするという感覚を持ちましょう。

妊娠検査薬、早期妊娠検査薬ともに事前に説明書をよく読み、使用方法を確認しておきましょう。検査時期を間違えると本当は妊娠しているのに陽性反応が出ない(これを偽陰性と言います)ことがあります。「一般的な妊娠検査薬」と「早期妊娠検査薬」を間違えて購入するなどして、適切でない時期に検査してしまうケースで起こりうることなので、気をつけてください。

【医師監修】妊娠検査薬の反応はいつから?検査時期と注意点

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1187

妊娠を待ち望む女性にとって、妊娠検査薬は妊娠の可能性を早く知ることができる大切なツールです。今回は、妊娠検査薬と最近、広く使われるようになってきた早期妊娠検査薬について、2つの違い、使用する際の注意点などを詳しく説明します。

妊娠検査薬の正しい使い方は?

検査可能な時期になってから使用することが大切です。また、妊娠検査薬には「使用期限」があります。使用期限が切れた製品だと正確に判定できないことがありますので、入手してから時間が経過した妊娠検査薬は必ず使用期限を確認してください。

なお、基本的には朝・昼・夜のいつの尿でも検査可能ですが、一般的に朝起きてすぐの尿は一日の中で一番濃いので、hCG濃度も比較的高い可能性があると考えられています。水分をたくさん飲んだ後はhCG濃度が薄まって正確な判定が出ないケースもあるようなので、検査は適切と思えるタイミングで行ってください。

また、時間がたった尿は雑菌の繁殖などによって正確に判定できない可能性があります。採尿してから検査する場合は尿を長時間放置せず、できるだけ早く検査しましょう。

このほか、製品によって独自の注意点がある場合もあるので、説明書をしっかり読み、使用上の注意をきちんと守ることも大切です。以下、妊娠検査薬を正しく使うためのチェックポイントの一例をご紹介します。

・尿にひたす時間(判定が出るまでの時間)は、製品ごとに異なる場合があります。

・判定結果は「妊娠検査薬を水平にした状態で待つ」などの条件のある場合があります。

その他の注意点

妊娠検査薬は温度の影響を受けることもあります。そのため、使用する場所の温度が高すぎたり低すぎるときも、正確な結果が出ない可能性があります。同様に、高温になるところに長期間置いていたり、冷蔵庫などの温度が極端に低い場所に保管していたものも判定が鈍る可能性があるので、注意してください。

判定結果の見方

続いて、判定結果の見方について見ていきましょう。

陽性反応は線が出るなどの目立つサインで表れる

妊娠検査薬の陽性サインは製品ごとに異なりますが、主に「判定窓に線が出る」などの目立つサインで表れます。具体的なサインについては必ず説明書で確認してください。また、判定結果とは別に終了・確認のサインも出ます。これは、検査自体が正常に行われたことを確認するためのものであって、妊娠反応の有り無しとは異なります。この終了・確認のところに線が濃く出て判定窓には線が出ない場合、検査反応自体は終了し陰性だった(妊娠の可能性は低い)と考えていいでしょう。

なお、陽性反応が出た場合は「妊娠した可能性が高い」と捉えましょう。ただし、妊娠検査薬だけで正常な妊娠かどうかの判別はできません。検査薬はあくまでも早期判定の補助であることを忘れず、陽性反応が出たら速やかに産婦人科に行き、妊娠に間違いないか、正常に妊娠しているかを診てもらいましょう。

陽性と出なくても妊娠の可能性がある?

承認審査を通った信頼できる妊娠検査薬であれば、その精度はかなり高いとされます。しかし、「実は妊娠しているのに陽性反応が出なかった」という場合もあります。この場合、可能性として考えられるのは、検査薬を適切なタイミングや正しい方法で使わなかったということでしょう。生理周期が不規則な人は、生理開始予定日の予想を間違うこともあると思います。

陽性反応が出なくても、その後生理が始まらない場合は再検査をしてください。再検査でも反応が出なかったのに引き続き生理が始まらないときは、一度医療機関を受診しましょう。続発性無月経(生理が3ヶ月以上止まってしまうこと)などの病気の可能性があります。

妊娠検査薬の選び方

妊娠検査薬は各種メーカーから市販されています。どの検査薬を選べばいいのか判断に困ることもあるかもしれません。選ぶポイントやおすすめをご紹介します。

ドラッグストアや通販でも買える?

妊娠検査薬は誰でも手軽に入手することができます。薬局はもちろん、ドラッグストアや量販店、さらにはネット通販などでも購入可能です。ただし、妊娠検査薬は家庭で普通に使用できる一般用検査薬(第2類医薬品)と、病院でも使用している体外診断用医薬品に分かれています。後者は早期妊娠検査薬の一部で「第一類医薬品」の扱いのため、薬剤師のいる薬局でしか購入できません。

選ぶポイントは?

さまざまなメーカーから出ていますが、日本国内の承認審査を通ったものであれば基本的にどれでも問題ありません。判定の正確さに関しては、多くの製品で「99%以上」としています。したがって、価格の高さ=高精度となるわけではありません。検査の方法や推奨時期などを見比べ、総合的に自分にとってより良いと思えるものを選びましょう。

おすすめの妊娠検査薬

最後に、一般的に多く利用されている妊娠検査薬の一例をご紹介します。選ぶ際の参考にしてください。

■【第2類医薬品】ロート製薬 ドゥーテスト・hCG 妊娠検査薬 1回用

【第2類医薬品】ドゥーテスト・hCG 妊娠検査薬 1回用

¥ 597

(2021/01/27 時点)

■【第2類医薬品】アラクス チェックワン 2回用

【第2類医薬品】チェックワン 2回用

¥ 740

(2021/01/27 時点)

■【第2類医薬品】オムロン クリアブルー 1回用

【第2類医薬品】クリアブルー 1回用

¥ 547

(2021/01/27 時点)

まとめ

妊娠検査薬は、妊娠の可能性を知ることができる有用な製品です。ただし、これだけで正常な妊娠と確定することはできないので、あくまでも補助と捉えましょう。また、フライングで妊娠検査薬を使うと、検査結果が陰性になる可能性があります。一方で早々に陽性反応が出る場合もあります。妊娠の兆候が見られたら、まずは市販の妊娠検査薬でチェックし、陽性なら早期に病院で診察を受けることが必要です。このように妊娠を確認するようにしましょう。

※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビ子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2018.07.02)

※記事の修正を行いました(2019.06.11)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


南明奈が妊活の苦難明かし涙……「自然では難しいのかもしれないと」

南明奈が妊活の苦難明かし涙……「自然では難しいのかもしれないと」

今年4月に第一子を妊娠していることを明かした南明奈さんが、夫のよゐこ濱口優さんとの夫婦YouTubeチャンネル『おうちのまさる』で、子宮内膜症を患っていたことや手術、人工授精を検討していたことなど妊娠に至るまでの苦労を語り、涙しました。


【医師監修】妊娠した!と分かる感覚はある? 妊娠超初期の変化や早くわかる方法を紹介

【医師監修】妊娠した!と分かる感覚はある? 妊娠超初期の変化や早くわかる方法を紹介

早く妊娠したいときは体のちょっとした変化に敏感になりますよね。はっきりした症状とまではいかなくとも、妊娠直後によく現れる「感覚」のようなものはあるのでしょうか。ここでは、まさに妊娠した!というタイミングに特有の感覚はあるのかどうかと、妊娠超初期に見られることがあると言われる症状について解説します。


【医師監修】妊娠しやすい体位とは? 妊活中に妊娠の確率を上げるポイント

【医師監修】妊娠しやすい体位とは? 妊活中に妊娠の確率を上げるポイント

妊活についてはさまざまな情報が飛び交っており、セックスの体位に関しては「正常位のほうが、騎乗位よりも妊娠の確率が上がる」などと言われることもあります。果たして妊娠しやすい体位は本当に存在するのでしょうか。


【医師監修】生理前のオリモノは透明で伸びる? 特徴や妊娠初期との違いは?

【医師監修】生理前のオリモノは透明で伸びる? 特徴や妊娠初期との違いは?

もうすぐ生理予定日というころ、「オリモノに変化」があったら気になりますね。それが妊活中であればなおさらです。生理前のオリモノには特徴があるのでしょうか。また、妊娠していた場合、オリモノに何か変化はあるのでしょうか。詳しく解説します。


【医師監修】生理後一番妊娠しやすい時期は? 排卵日を予測する方法

【医師監修】生理後一番妊娠しやすい時期は? 排卵日を予測する方法

妊活の手始めに確認しておきたいのが、「一番妊娠しやすい時期はそもそもいつなのか」ということですよね。生理後、いったいいつごろがその時期にあたるのでしょうか。ここでは、妊娠しやすいタイミングを知る方法について、排卵日との関係とともに解説します。


最新の投稿


【漫画】#45 流産してしまった私。モラ男が寄り添ってくれると思いきや……『モラハラ夫に人生を狂わされた話』

【漫画】#45 流産してしまった私。モラ男が寄り添ってくれると思いきや……『モラハラ夫に人生を狂わされた話』

「この男、ヤバすぎる……」モラハラ、借金、出産中の妻を放置などなど、想像を絶するモラハラ夫の行動の数々に衝撃が止まらない! Instagramで大反響を呼んだ、もちさん『モラハラ夫に人生を狂わされた話』をご紹介。モラハラ夫との出会いから離婚までを描いた大ボリュームの本編をお届けします。


【猛烈なセロリ臭】濃厚なミルク臭が急激に変化! お腹が空いちゃう乳児のニオイ

【猛烈なセロリ臭】濃厚なミルク臭が急激に変化! お腹が空いちゃう乳児のニオイ

Instagramで子育て漫画を発信されるマダムカルピ子さん。マダムカルピ子さんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【医師監修】赤ちゃんの爪の切り方|爪切りの使い方、注意点、出血時の対処法

【医師監修】赤ちゃんの爪の切り方|爪切りの使い方、注意点、出血時の対処法

赤ちゃんの爪はとても小さいものです。爪切りのときにはどんな点に注意すればいいのでしょうか? 爪切りのやり方や頻度、切るときの工夫や注意点、うっかり指先を切った時の対処方法などを知っておきましょう。


【助産師解説】断乳の圧抜きマニュアル〜方法やスケジュール、注意点

【助産師解説】断乳の圧抜きマニュアル〜方法やスケジュール、注意点

「断乳ってコツはあるの?」「断乳したいけど乳腺炎が心配」など、断乳についてより詳しく知りたい母乳育児中のママもいると思います。今回は、断乳と圧抜きの方法、断乳スケジュール、実施時の注意点などを解説します。


離乳食で全卵を使うときに覚えておきたいこと!全卵を使ったおすすめレシピや注意点も【管理栄養士監修】

離乳食で全卵を使うときに覚えておきたいこと!全卵を使ったおすすめレシピや注意点も【管理栄養士監修】

アレルギーのリスクがある卵は、離乳食作りの中でもちょっと難しさを感じがちな食材の一つでしょう。卵黄(卵の黄身)のみから始めたら、いつから卵白(白身)を含めた全卵を食べられるようになるのでしょうか。今回は卵の全般的な特徴をしっかり掴んで、離乳食づくりにも生かしやすいように情報をまとめています。