【医師監修】排卵日前後はおりものが変化する? 注意したい身体のサイン

【医師監修】排卵日前後はおりものが変化する? 注意したい身体のサイン

下着が汚れる、ニオイも気になるなど、嫌なイメージを持ちやすいおりものですが、実は女性の身体になくてはならない役割を担っています。おりものを知ることは、自分の身体を知ることにもつながります。排卵前後のおりものの変化や月経周期との関係を見ていきましょう。


「おりもの」についてわかること

<疑問1>おりものってなに?

Getty logo

※画像はイメージです

おりものは、女性の生殖器から体外へ排出された分泌物です。おりものの正しい知識を得ることは、自分の身体の変化について知ることにもつながります。まずは、おりものの基本について見ていきましょう。

おりものって何でできてるの?

おりものは、子宮や腟といった生殖器官から分泌された粘液が混ざったものです。量や色には個人差があるので一概には言えませんが、一般的に正常なおりものは粘り気があり、白っぽい色で、下着につくと薄い黄色のような色になります。これは、空気に触れると酸化するためです。量や色は体調や月経周期によって変化します。

【医師監修】おりものが大量に出るのは病気?疑われる5つの病気と原因

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1085

おりものについては気軽に相談できる話題でもないため、人知れず悩んでいる人もいるでしょう。いつもより量が多いのは、病気のサインなのでしょうか。おりものの量が多い時に考えられる原因を知り、適切に対処できるようにしていきましょう。

おりものの役割

おりものは腟のうるおいを保つことで性交渉の痛みを防いだり、排卵期に精子をスムーズに子宮へ運ぶ役割を担っています。また、細菌が腟を通って子宮などの体内に侵入するのを防ぐ役割もあります。これは腟の自浄作用とも呼ばれます。このように、おりものには受精の手助けと自浄作用の、大きく2つの役割があります。

<疑問2>生理周期でおりものはどんな風に変わるの?

女性の体は女性ホルモンのバランスにともない、一定の周期で変化しています。おりものの量や色などの変化も、そのひとつです。そのため、月経周期にともなう自分のおりものの変化を把握しておけば、月経や排卵日などを予測しやすくなります。

月経周期に合わせておりものが変化する理由

おりものの分泌は、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という女性ホルモンの影響を受けます。これらのホルモンは月経周期によって分泌量が変化するのですが、おりものもこれにともなって量の増減や質の変化が起こります。それでは、周期ごとのホルモンバランスと、それに伴うおりものの具体的な変化について見ていきましょう。状態や変化の仕方、パターンを知ることは、健康状態を把握する上での目安になるほか、妊活をする上でも重要な情報となります。

おりものとホルモンバランスの図

卵胞期

卵胞期とは、卵子の元になる卵胞が成長していく時期を指し、増殖期とも呼ばれます。おりものの量は最も少なく、サラッとしています。

排卵期

排卵期とは卵巣から卵子が排出され(=排卵)、精子を受け入れる準備をする時期です。排卵期は精子をスムーズに運ぶためにおりものの量がもっとも多くなり、その期間は約2~3日続きます。色は透明に近くなり、卵の白身のようにとろみのある状態となります。ニオイはそれほど強くありません。

黄体期

黄体期とは、排卵後から次の月経が始まるまでの期間を指し、分泌期とも呼ばれます。この時期には黄体ホルモンが多く分泌されるのですが、この影響でおりものの分泌は抑えられます。そのため、排卵が終わると、おりものの量は徐々に少なくなっていきます。色は透明から白っぽい色へと変わっていき、粘り気のあるドロッとした状態になります。この変化により、精子は腟のなかを進みにくくなり、また細菌などの異物の進入も防いでいます。

<疑問3>排卵日前後のおりものってどんな感じ?

排卵期は、成熟した卵胞から卵子が排出される時期、排卵日の前後数日間を指しています。自分の排卵期、排卵日をなるべく正確に知ることは、体調を把握したり、妊活をする上でも大切なポイントとなります。おりものの変化で排卵日を正確に知ることは難しいですが、ある程度の予測の参考にはなるので、おりものをチェックする習慣をつけるとよいでしょう。

【医師監修】排卵日の体調変化!つらい排卵痛の4つの原因と対策とは

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1109

生理の前になると気分がすぐれない、体調が悪くなるということは多々ありますが、実は排卵⽇の前後でも同じような症状が現れる人がいます。ここでは生理周期と排卵、排卵前後に感じる不調の原因と対策について、まとめました。

排卵期のおりものの量

排卵期は、月経周期のなかでおりものの量がもっとも増える時期です。これは、子宮の内部に入ってきた精子をスムーズに卵管まで運び入れようとする体の自然な作用です。つまり、おりものの量が増えるということは、一般的には子宮が精子を迎え入れる準備を始めたということになります。ただし、おりものの量や状態には個人差があり、感染症などの病気によっても変化が生じるため注意が必要です。量だけでなく色、においなど、いつもとは違う様子、または、周期と関係なく常に量が多いような場合は、一度婦人科を受診しましょう。

排卵期のおりものの形状

精子をスムーズに運びこむ役割があることから、量が増えると同時に、質は卵の白身のようなとろみのある状態に変化します。色は透明で触ると良く伸びるのが特徴です。

排卵後のおりもの

排卵後には、おりものは量が少しずつ減り、色は白っぽく変化していきます。粘り気も増して、ドロっとしたのりのような状態になります。

<疑問4>正常なおりものの色やニオイって?

〜普段のおりものの状態をチェックしておこう〜

Getty logo

おりものは月経周期はもちろん、身体の状態を知る1つのバロメーターにもなります。個人差はありますが、健康状態が正常なときのおりものは透明、あるいは乳白色で(月経前後や排卵期には少量の血が混じり茶褐色になることもあります)、ニオイは多少におうか、やや甘酸っぱいように感じることがあります。

一方で、何かしらの病気がある場合には、色やニオイにもそのサインが現れることが多いです。例えば、大量に出たり、痛み、かゆみがある、腐ったような強いニオイがしたり、泡立つようなおりものが出続けるような場合は、注意が必要です。感染症などの可能性があるので、できるだけ早く病院に行くようにしましょう。自分の通常のおりものがどのような状態かを把握しおけば、異常にいち早く気づくことができるでしょう。普段からチェックしておくことをおすすめします。

まとめ

おりものの質や量には個人差があり、月経周期や体調にも影響されるものです。正常なおりものとは? と、一概に言うことはできませんが、普段のおりものの状態と月経周期によるおおよその変化パターンを把握しておくことはできます。自分が健康なときのおりものの状態を知っておけば、体調の変化や病気の可能性にいち早く気づくことができるかもしれません。また、周期による変化を知っておくと、排卵期を予測する1つの情報にもなります。トイレの際などに、ときどきチェックしてみることをおすすめします。

この記事の監修ドクター
パークサイド広尾レディースクリニック 副院長・産婦人科長
吉井明日香先生
東京女子医科大学医学部卒業、東京女子医科大学産婦人科学講座助教、米国ボストン大学医学部博士研究員を経て現職。慶應大学、東京女子医科大学研究員として子宮再生・抗加齢研究に従事。専門は女性診療

※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビウーマン子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2018.08.20)

※記事の修正を行いました(2019.06.06)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【医師監修】ベビーローションの選び方・塗り方と人気のベビーローション5選

【医師監修】ベビーローションの選び方・塗り方と人気のベビーローション5選

赤ちゃんの保湿に使うベビーローション。初めて使うときはどんなものを選べばいいのか、どうやって使えばいいのか気になりますね。選び方や使い方の基本を知って、毎日のスキンケアに役立てましょう。人気のベビーローションも紹介します。


【医師監修】おしゃぶりはいつまで使っていい? 歯並びへの影響、上手にやめるコツは?

【医師監修】おしゃぶりはいつまで使っていい? 歯並びへの影響、上手にやめるコツは?

赤ちゃんのぐずりや寝かしつけ時の強い味方になってくれることもある「おしゃぶり」。しかし、いつまで使っていいのか、やめさせどきに悩む人もいるのでは。おしゃぶりはいつまで使っていいのか、やめる時期やその方法などについてまとめました。


【医師監修】おしゃぶりに消毒はいつまで必要? 煮沸・電子レンジ・消毒液の違いと人気アイテム紹介

【医師監修】おしゃぶりに消毒はいつまで必要? 煮沸・電子レンジ・消毒液の違いと人気アイテム紹介

「赤ちゃんがぐずった時、おしゃぶりが活躍した」という経験のある人もいるのでは。日々赤ちゃんが口に入れるものですから、おしゃぶりは清潔にしておきたいですよね。そんなママやパパに向け、おしゃぶりの消毒について、必要なのかどうかやおすすめの期間の目安、方法などを紹介します。


【医師監修】おしゃぶりにはどんな効果があるの? 歯並びへの影響は?人気のおしゃぶり4選

【医師監修】おしゃぶりにはどんな効果があるの? 歯並びへの影響は?人気のおしゃぶり4選

育児のお助けグッズ「おしゃぶり」。しかし、実際にどんな効果があり、どんな時に使えばいいのか、また注意が必要な点について、詳しく知らない人も多いのでは。おしゃぶりの持つ効果や上手な付き合い方などを確認してみましょう。


【医師監修】赤ちゃんにおくるみは必要? いつまで使える? 注意点と人気3選

【医師監修】赤ちゃんにおくるみは必要? いつまで使える? 注意点と人気3選

大切な赤ちゃんを包む「おくるみ」。でも、包む方法や、いつからいつまで使えるものなのか、実ははっきりと知らないという人も多いのではないでしょうか。使い始める前に、使用上の注意も知っておましょう。季節ごとのおすすめ素材や人気のおくるみも紹介します。


最新の投稿


離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

ストックがしやすいツナ缶を常備しているご家庭は多いでしょう。もしツナ缶も離乳食に使えたら便利ですよね。今回は赤ちゃんにツナ缶をいつからあげられるか、汁は捨てた方がいいのか、離乳食ではどんな種類を選べばいいのかなどを解説します。中期・後期・完了期の赤ちゃん喜ぶツナ缶レシピも一緒にチェックしてくださいね。


離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

鮮やかな緑色のいんげんは、離乳食に彩りを添えてくれます。今回は赤ちゃん喜ぶ3つのいんげん離乳食レシピのほか、「冷凍いんげんはそのまま使っていい?」「うんちにそのまま出てきたけど大丈夫?」などの疑問について解説します。


離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳中期以降にオススメの食材「なす」について、赤ちゃんが喜ぶレシピを3つご紹介します。その他、リニュ食を作る際に知っておきたい下処理のコツ、加熱のコツ、焼くレシピでもアク抜きは必要かなどを解説します。


離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

2回食が順調に進み、落ち着いたら次は3回食に増やしてみましょう。「いつから3回食を始める?」「1回の量も増やしていくの?」などのママの疑問を解説します。


離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

1日1回の離乳食をスムーズに食べてくれるようになったら、次のステップは1日2回食。「どんなタイミングで2回に増やす?」「量はどれくらいになる?」というママの疑問を1日の生活スケジュールを提案しながら解決していきます。