【医師監修】おりものが大量に出るのは病気?疑われる5つの病気と原因

【医師監修】おりものが大量に出るのは病気?疑われる5つの病気と原因

おりものについては気軽に相談できる話題でもないため、人知れず悩んでいる人もいるでしょう。いつもより量が多いのは、病気のサインなのでしょうか。おりものの量が多い時に考えられる原因を知り、適切に対処できるようにしていきましょう。


「おりもの」についてわかること

<疑問1>そもそも、おりものって何? なぜ出るの?

Lazy dummy

下着につく粘り気のある液体、それがおりものです。まずは、なぜ出るのか、どんな役割があるのかについて見ていきましょう。

おりものが出るのは自然なこと

子宮や腟からの分泌物のことを言います。生理的な現象で出るものなので、多少のおりものがあるのは自然なことです。

ただし、急に量が増えたり、色や匂いに変化が現れたりした時には、何か病気(感染症など)が隠れている場合があります。いつもとは違うなと感じたら、医療機関を受診するようにしましょう。

おりものの役割を知っておこう

腟内をキレイにしたり、潤いを保ったり……。おりものは、腟の自浄作用という役割を担っており、女性の体にとってとても重要な働きをしています。

(1)体内の老廃物を排出する

女性器からの分泌物を体外に排出する

(2)潤いを保つ

腟内のうるおいを保ち、雑菌の侵入や増殖を防ぐ。セックスの時には潤滑剤の役割をする

(3)受精の手助けをする

精子の侵入を助け、妊娠をするためにも必要な存在

<疑問2>正常なおりものの量や状態って?

正常なおりものとは、どのような状態なのでしょう。月経周期によって量や状態が変わることも、知っておきたい情報です。

健康なおりものは乳白色

健康な女性のおりものは、乳白色で、ヨーグルトのような少し酸っぱい匂いがするのが一般的。酸っぱい匂いがするのは、腟の中にいる乳酸桿菌が乳酸を分泌しているためです。そのおかげで、腟内は酸性に保たれ、雑菌が増えないようになっています。

いつもの状態を知ることが大切!月経周期とおりものの量や変化

おりものの色や量には、個人差があります。「ちょっと多いかな?」と感じても、気にしすぎかもしれません。

大切なことは、自分のいつもの状態を知っておくこと。おりものの量は、月経周期によっても変化します。自分のおりもののパターンを把握しておけば、おりものの変化にいち早く気づくことができ、排卵日なども予想しやすくなります。

基礎体温のグラフ例

月経周期でおりものの量は変わる

生理(月経)後:直後の量は少なめで、サラッとした感じ。

排卵前(低温期):最も量が増える時期。半透明の粘り気のあるおりものが2〜3日続きます。匂いは強くありません。

排卵後(高温期):だんだん量が減っていく。

生理(月経)前:量が増え始め、下着につくと黄色っぽく見えるようなおりものが出ます。比較的においも強くなります。

年齢によって変わる?おりものの量

おりものの量は年齢によっても変化します。女性ホルモンの分泌が安定している20〜30代の性成熟期には量が多く、40代以降になると減っていきます。

その後、閉経するとおりものの量はとても少なくなります。それに伴い、腟の浄化作用が低下して、腟炎などを起こしやすくなるので注意しましょう。

<疑問3>おりものの量が多い時に注意したいことは? 5つの感染症

Lazy dummy

おりものの量が急に増えた、酒粕のようなおりものが大量に出るなど、おりものの変化は、病気のサインかもしれません。いつもとは違うと感じたら、早めに医療機関を受診するようにしましょう。

細菌性腟症

<原因>

腟感染症のうち、最もよくみられるのがこの「細菌性腟症」。これを起こす特定の菌というものはなく、原因は明らかになっていませんが、腟の自浄作用の要である乳酸桿菌が何らかの原因で減少し、複数の細菌が増加することで発症します。

性的パートナーが多いこと、子宮内避妊具(IUD)の使用などが、リスク要因と言われています。

<症状と注意点>

特徴的な症状は、灰色のサラサラとしたおりもので、ときに悪臭がすることも。ただ、約半数以上は無症状と言われ[*1]、感染に気づかない人もいます。

細菌性腟症は、子宮内膜炎や卵管炎、骨盤腹膜炎といった病気の原因になることがあり、妊婦さんでは早産などのリスクが高まることがあるので、注意が必要です。

腟トリコモナス症

<原因>

トリコモナス原虫によって起こる感染症で、セックスで感染することが多いとされています。まれに下着、タオル、浴槽などで感染することもあります。

<症状と注意点>

典型的な症状は、悪臭、泡状の黄色のおりものや黄緑色をしたおりもの、外陰部のかゆみ。男性は症状が出ないケースが多いため、パートナーも一緒に治療することが大切です。

性器カンジダ症(外陰腟カンジダ症)

<原因>

カンジダというカビの一種によって外陰部や腟に起こる炎症で、多くの女性が一生に一度は経験する言われるくらい頻度の高い病気です。

カンジダは、もともと腟内に存在するのですが、病気などで抵抗力が落ちたときや抗生物質を服用した後や妊娠中などには、異常に増えすぎて不快な症状が出るようになるとされています。

<症状と注意点>

外陰部の激しいかゆみ・腫れ、カッテージチーズや酒粕状のおりものがあったら、この病気の疑いがあります。パートナーにも検査や治療をしてもらうことが大切です。

【医師監修】妊婦のカンジダ症って、どんな病気? 赤ちゃんへの影響は?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/392

「カンジダ」という言葉、どこかで目にしたことのある女性も多いのでは? 特に「腟カンジダ症」は多くの女性が一生に一度はかかると言われています。健康な妊婦さんではお腹の赤ちゃん含め多くの場合で心配のない病気ですが、ここでは、女性、特に妊婦さんに関するカンジダ症の基本的な情報をまとめました。

細菌性腟炎

<原因>

細菌性腟「症」と名前が紛らわしいですが、細菌性腟「炎」では、大腸菌やブドウ球菌、連鎖球菌などの細菌が増えて、腟の自浄作用が低下して起こる炎症です。

疲労や病気で抵抗力が落ちることやホルモンバランスの乱れなども、自浄作用を弱める原因となります。

<症状と注意点>

膿のようなおりものが増える、腟の腫れや灼熱感(熱くてひりひりするような感覚)などが特徴です。おりものにかぶれ、外陰炎を起こすこともあります。

性器クラミジア感染症

<原因>

性交によりクラミジアという細菌に感染して起こります。近年、若者、とくに若い女性に感染者が多く、性感染症のなかで最も多く見られると言われています。

<症状と注意点>

水っぽいおりものが流れ出るくらい大量に出るようになります。女性では症状が軽く感染しているのに気づかないことも多いのですが、放置すると不妊症や子宮外妊娠(異所性妊娠)の原因になるとされています。

このほか、子宮頸部悪性腺腫、子宮頸がん、子宮体がんでも、おりものが増えることがあります。おりものに血が混じる、変な匂いがするといった変化も見逃さないようにして、異常があったら医療機関を受診するようにしましょう。

また、病気ではありませんが、妊娠すると、妊娠周期が進むごとにおりものが増えていきます。これも予備知識として知っておくと良いですね。

まとめ

おりものは、個人差が大きく、排卵期など月経周期によっても変化するものです。まずは自分のおりものの様子やパターンを知っておくことが大切です。いつもと明らかに違う様子のおりものが大量に出たり、不正出血や腹痛、異常な匂いなどを伴うような場合には、自己判断せずに、婦人科を受診し、適切な診断をしてもらうようにしましょう。

この記事の監修ドクター
産婦人科専門医 中林稔 先生
日本医科大学卒業、虎の門病院医長を経て、現在三楽病院産婦人科部長。 診療のみならず、学会・各地講演をはじめとする医学の普及活動を行う傍ら、教育にも幅広く従事しており、2008年には中林助産師学院を共同設立。自ら講師を務め、6年間連続助産師国家試験合格率100%を達成中。医師+(いしぷらす)所属

(文:及川夕子/監修:中林稔先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]日本性感染症学会 帯下―症状とその鑑別診断6
http://jssti.umin.jp/pdf/guideline2008/01-6.pdf

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【医師監修】赤ちゃん(乳児)のインフルエンザ | 症状・予防・対処法

【医師監修】赤ちゃん(乳児)のインフルエンザ | 症状・予防・対処法

気温が下がってくると気になってくるのが、インフルエンザ予防のこと。初めての冬を迎える赤ちゃん(乳児)の場合は勝手がわからずなおさら心配になりますね。赤ちゃんがインフルエンザにかかった時の症状や対処法について、予防法とともに紹介します。


【医師監修】外気浴はいつからすればいい? やり方と大事な2つの注意点

【医師監修】外気浴はいつからすればいい? やり方と大事な2つの注意点

赤ちゃんの健康づくりのために、おうちの中で過ごすだけでなく「外気浴」もさせてあげたいですね。ここでは「外気浴」を始める時期の目安、その方法に加え、行う際の注意点について紹介します。


【医師監修】ブランケット症候群って何? 子供の症状と3つの対処法

【医師監修】ブランケット症候群って何? 子供の症状と3つの対処法

子供がお気に入りのタオルケットやぬいぐるみなどをどこにでも持ち歩き、ボロボロになっても離さない。それはもしかしたら「ブランケット症候群」かもしれません。ブランケット症候群はどんなものなのかとともに、対処法を解説します。


【医師監修】母乳性黄疸はいつまで? 日光浴や便の色との関係とは

【医師監修】母乳性黄疸はいつまで? 日光浴や便の色との関係とは

新生児にはよく黄疸が見られますが、母乳を飲んでいる赤ちゃんの黄疸が長引いていたら、それは「母乳性黄疸」かもしれません。母乳性黄疸が疑われるときはどう対処すればいいのか、症状や原因とともにまとめました。


【医師監修】背中スイッチはいつまで続く? 効果的な5つの対策

【医師監修】背中スイッチはいつまで続く? 効果的な5つの対策

眠った赤ちゃんをベビーベッドや布団に寝かせようとすると、突然起きて泣き出す「背中スイッチ」。寝かしつけをやり直すことになり、ママやパパを悩ませます。背中スイッチはいつまで続くのか、その原因や対策とともに紹介します。


最新の投稿


【漫画】のび~~どう!!!痛いけど可愛いから許しちゃう赤ちゃんの一撃

【漫画】のび~~どう!!!痛いけど可愛いから許しちゃう赤ちゃんの一撃

マイナビウーマン子育てのInstagramで人気のchiikoさん。chiikoさんの投稿から人気があったものを編集部がピックアップして紹介します。


【医師監修】妊娠7週のエコー写真付|赤ちゃんの心拍が確認できるころ

【医師監修】妊娠7週のエコー写真付|赤ちゃんの心拍が確認できるころ

妊婦健診でもらう「エコー(超音波)」検査の写真をみると、愛おしい気持ちが高まりますね。ここでは、妊娠7週の赤ちゃんの特徴をイラストつきで解説するとともに、このころのエコー写真とママ達のエピソードを多数紹介します。


【医師監修】妊娠10週のエコー写真付|外見がヒトらしくなってくる

【医師監修】妊娠10週のエコー写真付|外見がヒトらしくなってくる

妊婦健診でもらう「エコー(超音波)」検査の写真をみると、愛おしい気持ちが高まりますね。ここでは、妊娠10週の赤ちゃんの特徴をイラストつきで解説するとともに、このころのエコー写真とママ達のエピソードを多数紹介します。


【医師監修】妊娠9週のエコー写真付|手足が動かしはじめることも

【医師監修】妊娠9週のエコー写真付|手足が動かしはじめることも

妊婦健診でもらう「エコー(超音波)」検査の写真をみると、愛おしい気持ちが高まりますね。ここでは、妊娠9週の赤ちゃんの特徴をイラストつきで解説するとともに、このころのエコー写真とママ達のエピソードを多数紹介します。


【医師監修】妊娠11週のエコー写真付|ヒトらしい形になる

【医師監修】妊娠11週のエコー写真付|ヒトらしい形になる

妊婦健診でもらう「エコー(超音波)」検査の写真をみると、愛おしい気持ちが高まりますね。ここでは、妊娠11週の赤ちゃんの特徴をイラストつきで解説するとともに、このころのエコー写真とママ達のエピソードを多数紹介します。