【医師監修】羊水検査でわかることとは?

【医師監修】羊水検査でわかることとは?

我が子の健康を願わない妊婦さんはいません。出産前にお腹の赤ちゃんのことを知る手段があるなら検討したいと考えるご夫婦もいらっしゃると思います。羊水検査でわかること、受ける時期や費用についてご紹介します。


この記事の監修ドクター
産婦人科専門医 中林稔 先生
日本医科大学卒業、虎の門病院医長を経て、現在三楽病院産婦人科部長。 診療のみならず、学会・各地講演をはじめとする医学の普及活動を行う傍ら、教育にも幅広く従事しており、2008年には中林助産師学院を共同設立。自ら講師を務め、6年間連続助産師国家試験合格率100%を達成中。医師+(いしぷらす)所属

羊水検査は、胎児の染色体や遺伝子に異常がないかを調べる「出生前診断」の1つです。ただ、この検査で全ての先天異常や病気がわかるわけではありません。また、流産・早産につながるリスクもまれにあるとされています。羊水検査とはどんな検査なのか紹介します。

羊水検査とは?

Getty logo

お母さんのお腹に針を刺して羊水を採取し、そのなかに含まれる成分や胎児の細胞を調べることで、胎児に関する詳しい情報を得るための検査です。ここでは、胎児の遺伝子や染色体の異常などの有無を確認する出生前診断としての羊水検査について述べていきます。

具体的な検査方法

羊水には胎児の皮膚や粘膜などが剥がれ落ちたものが浮遊しています。羊水検査では、超音波で胎児や胎盤の位置を確認しながら、お腹から針を刺し、子宮内の羊水を15mlほど抜き取ることで赤ちゃんに由来する細胞を採取します。採取された細胞は培養して数を増やしたうえで、染色体の構造や数を調べるのに使われます。

羊水検査のリスク

羊水検査は子宮の中まで針を通しますので、流産のリスクが0.3%程度あると言われます。また、感染や子宮収縮による破水、出血などのリスクがあります。

胎児が順調に育っている場合、母体にも胎児にもリスクのある羊水検査が行われることはありません。近年は超音波検査(エコー検査)や、母親の血液検査などで主な染色体異常の可能性をチェックできるようになりました。これらの検査で陽性反応が出た場合の確定診断のために羊水検査が行われます。

必ず遺伝カウンセリングを

「検査方法があるのなら、自分たちの赤ちゃんのことを知っておきたい」という気持ちが起きるのは自然なことです。検査で異常がないことがわかれば、妊娠中の不安が減るかもしれません。

日本産科婦人科学会は、出生前診断は専門家による「遺伝カウンセリング」を行った上で、パパとママが十分に納得して行うべきであるということ、さらに、羊水検査などリスクのある検査は、パパとママのいずれかが遺伝する病気をもっている場合や高齢出産の場合など、胎児が先天異常をもっている確率が通常より高い場合に限って実施するべきだという見解を公表しています。

※遺伝カウンセリングとは、遺伝性疾患に関する悩みや不安を専門家に相談し、説明を受け理解したうえで問題解決に向けた支援を受けることです。専門家から検査意義や、遺伝疾患があった場合の子供の予後、治療の効果など適切なカウンセリングを受けた上で、夫婦で話し合って検査を行うかどうかを決めましょう。

羊水検査でわかること

Getty logo

羊水検査では主に、染色体の数と構造の異常を診断することができます。ヒトは46本(22対+性染色体2本)の染色体を持っていますが、たとえばダウン症の場合、21番目の染色体が3本になっています(21トリソミー)。羊水検査では、胎児の細胞を調べることで、このような染色体の異常を発見することができます。

羊水検査は胎児の細胞を直接観察するので、超音波検査や、母親の血液検査などに比べて、確度の高い結果を得ることができます。検査の感度は、ほぼ100%と言われています。

羊水検査を受ける時期

Getty logo

出生前診断で羊水検査を受ける場合、妊娠15~16週以降に行われるのが一般的です。羊水検査の結果が判明するまでは2週間ほどかかります。

出生前診断にかかる費用

Getty logo

出生前診断は基本的に健康保険が適用されないため自費診療となります。医療費控除も対象外です。羊水検査は病院によって金額が異なりますが、おおよそ10~20万円ほどかかることが多いようです。また、羊水検査を受ける前に、あらかじめ専門の外来で遺伝カウンセリングを受診する必要もあります。

まとめ

Getty logo

羊水検査でわかることと、リスク、受ける時期・費用などについてご紹介しました。近年はさまざまな出生前診断の手法が登場していますが、お腹の赤ちゃんの病気を予め知るというのは、とても重い意味を持つことです。家族や知人に勧められたからといって軽い気持ちで受けるのではなく、検査したいと考えたらまずは遺伝カウンセリングを受け、検査でわかることや検査を受けることによるリスクを十分に理解したうえで、検査結果が出たあとどうするかなどについても夫婦でよく話し合い、受けるかどうかを決めてくださいね。

※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビウーマン子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2018.08.27)

※記事の修正を行いました(2019.06.12)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


妊娠~授乳・子育て中のママの「栄養ドリンク」が登場、つらい疲れ&肌の不調をケア

妊娠~授乳・子育て中のママの「栄養ドリンク」が登場、つらい疲れ&肌の不調をケア

雪印ビーンスタークは、ママ向けの栄養ドリンク「ビーンスタークマム ママスマイル」を3月4日より発売します。


 スヌーピーで“マタニティアイテム”がかわいくそろう! ベビーザらス限定で登場

スヌーピーで“マタニティアイテム”がかわいくそろう! ベビーザらス限定で登場

日本トイザらスは、マタニティアイテムの必需品を取りそろえた「SNOOPY Maternity Collection(スヌーピー マタニティコレクション)」全11アイテムを、ベビーザらス限定商品として、2月上旬より発売します。


【医師監修】ちくびの周りの“ぶつぶつ”は何? 妊婦は目立つ?

【医師監修】ちくびの周りの“ぶつぶつ”は何? 妊婦は目立つ?

乳輪にあるぶつぶつとした粒状のふくらみが気になる人は多いようです。中には、「もしかしたらなにかの病気?」と不安になる人もいるかもしれません。いったいこのぶつぶつの正体は何なのでしょうか。このちくびの周りのぶつぶつの役割や目立つ時期、取り除く方法などを解説します。


【医師監修】妊婦の花粉症、薬は使っても大丈夫? 症状を緩和する3つのポイント

【医師監修】妊婦の花粉症、薬は使っても大丈夫? 症状を緩和する3つのポイント

毎年、時期になると、どこからともなく飛んでくる花粉……。目のかゆみや鼻水、のどの痛み、肌荒れなど、さまざまな症状を引き起こすため、薬が手放せないという人もいるはず。妊娠中でも薬で花粉症の症状を抑えてよいのでしょうか。


子育てにやさしい街みつけた! 共働きを支える「宇都宮」の支援事情

子育てにやさしい街みつけた! 共働きを支える「宇都宮」の支援事情

初めての妊娠・出産って誰もが戸惑うことばかり。そんな時まず調べてほしいのが住んでいる地域の自治体情報! 実はサポート体制は地域によってさまざま。今回は「共働き子育てしやすい街2018 総合ランキング」で1位を獲得した『宇都宮市』に注目してみました!


最新の投稿


「ファーファ 」のランドリーシリーズから、地球にやさしい“エコパック詰替品”が登場

「ファーファ 」のランドリーシリーズから、地球にやさしい“エコパック詰替品”が登場

NSファーファ・ジャパンは、世界の香りでお洗たくできる「ファーファ トリップ」と、香りが苦手な人でも安心してお洗たくできる「ファーファ Free&」の2つのランドリーシリーズから、エコパック詰替品を2020年4月中旬より全国で発売します。


知らなきゃ損? タオルの交換時期とふわふわが長持ちする方法

知らなきゃ損? タオルの交換時期とふわふわが長持ちする方法

手や顔、身体を拭いたりと、毎日何かと使っているであろうタオル。そんなタオルの交換時期をみなさんはご存知でしょうか? 今回は、タオルの寿命や、ちょっとした一手間でフワフワになる裏技などをご紹介していきたいと思います。


8割以上のママが入園・入学準備の「お名前付け」を大変と回答! いつから始めている?

8割以上のママが入園・入学準備の「お名前付け」を大変と回答! いつから始めている?

キングジムは、2019年4月に保育園・幼稚園・小学校に入園・入学した子どもがいる25~45歳の母親400名を対象に「新入園・新入学準備のお名前付け」に関する意識調査を実施しました。


【助産師解説】授乳中のカフェインはどれぐらいまでOK?摂取基準と注意点

【助産師解説】授乳中のカフェインはどれぐらいまでOK?摂取基準と注意点

赤ちゃんへの影響が気になるカフェイン問題。ここでは、授乳中のカフェイン摂取について助産師が解説しています。授乳中もカフェイン摂取は控えた方がいいのか? 摂取量の目安は? など、気になる疑問をチェック!


妊娠中の食事ってどうしてた? 今だから言える先輩ママの本音座談会!

妊娠中の食事ってどうしてた? 今だから言える先輩ママの本音座談会!

昨今、妊活や妊娠に関する情報があふれています。特に「食」には非常にナーバスになるだけに、「正しく正確な情報」を入手したいもの。世の先輩ママたちは、その大事な時期をどのように過ごしていたのでしょうか?今回、先輩ママ座談会を実施し、妊活、妊娠そして出産後の食生活や栄養について、悩んだことや実践したことを語ってもらいました!