ママのための悩み解決サイト
【医師監修】妊娠中に糖尿病になると、どんな問題がある? 治療法は?

【医師監修】妊娠中に糖尿病になると、どんな問題がある? 治療法は?

妊娠中は、体調が大きく変化することで、体にさまざまなトラブルが起こりやすくなりますが、なかでも、特に気をつけたいものの1つに「妊娠糖尿病」があります。ここでは、妊娠糖尿病がどのようなものか、妊娠糖尿病の原因、治療法などについてご紹介していきます。


この記事の監修ドクター
内科医 会田梓 先生
都内大学医学部医学科卒業後、日本赤十字社医療センター、聖路加国際病院、伊藤病院にて内科医として勤務。現在都内大学院医学系研究科にて研究に従事。

糖尿病ってどんな病気? 糖代謝って何?

Getty logo

私たちが食事から摂取した糖質(炭水化物)は、小腸で分解されて「ブドウ糖」になります。このブドウ糖は、脳や筋肉を正常に動かすための重要なエネルギー源で、血液に吸収されて全身に運ばれ、すい臓から分泌される「インスリン」というホルモンのはたらきで、細胞に取り込まれて利用されます。また、使われずに余ったブドウ糖も、やはりインスリンのはたらきで、非常時のエネルギー源として、肝臓や筋肉、脂肪組織に蓄えられます。

このように、糖質がエネルギーとして使われるまでの仕組みを「糖代謝」といいます。しかし、糖尿病の人は、インスリンがはたらきにくくなったり、十分に分泌されなかったりするために、糖代謝がうまくいかなくなり、血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)が慢性的に高くなってしまうのです。

妊娠糖尿病って何? どうしてなるの?

Getty logo

妊娠糖尿病とは

「妊娠糖尿病」とは、妊娠中にはじめて発見、または発症した糖代謝異常のことで、血糖値が基準よりも高くはなっているものの、まだ糖尿病には至らない軽度の段階ものを指します。日本では、妊婦さんの7~9%が妊娠糖尿病と診断されます。

また、妊娠中に発見された重度の糖代謝異常は「妊娠時に診断された明らかな糖尿病」、もともと糖尿病だった人が妊娠した場合は「糖尿病合併妊娠」と呼ばれ、妊娠糖尿病とは区別されています。

妊娠中に血糖値が上がりやすくなるのはなぜ?

ブドウ糖は、お母さんだけでなく、お腹の赤ちゃんにとっても、成長するために必要なエネルギー源です。妊娠週数が進み、赤ちゃんが大きくなるにしたがって、より多くのブドウ糖を赤ちゃんに供給するために、胎盤からインスリンのはたらきを抑えるホルモンが分泌されるようになります。その結果、インスリンのはたらきが悪くなり、お母さんの血糖値が上昇しやすくなるのです。

妊娠糖尿病になりやすいのはどんな人?

妊娠糖尿病は、次のような人に起こりやすいといわれています。

・家族に糖尿病の人がいる。
・妊娠前から肥満である。
・過去に巨大児(出生体重が4,000g以上の赤ちゃん)や先天性奇形児を出産したことがある。
・過去に原因不明の早産、死産の経験がある。
・妊娠高血圧症候群や羊水過多症を患っている。
・尿糖検査で頻繁に陽性が出ていた。
・35歳以上の高齢出産。

妊娠糖尿病になると何が問題なの?

妊娠糖尿病になると、早産や妊娠高血圧症候群、羊水過多症、肩甲難産、網膜症、腎症などを引き起こしやすくなります。それだけでなく、妊娠糖尿病の影響は、お腹の赤ちゃんにも及び、流産や巨大児、胎児死亡になるリスクを高めることや、生まれてからも、低血糖症、高ビリルビン血症(新生児黄疸)、低カルシウム血症、多血症などを合併しやすくなることが知られています。

妊娠糖尿病かどうかはどうやって調べるの?

Getty logo

妊娠初期の妊婦健診では、妊娠糖尿病のスクリーニング(ふるい分け)検査として、「随時血糖検査」を行います。血糖値は、食事をした直後に上昇するという特徴がありますが、食前や食後など、時間を問わずに採血して血糖値を測定するのが「随時血糖検査」です。

随時血糖検査で、血糖値が100mg/dl以上の場合は、妊娠糖尿病の疑いがあるので、「75gブドウ糖負荷試験」を行います。これは、10時間以上絶食した状態で、空腹時の血糖値を測ったうえで、ブドウ糖75gを溶かした水を飲み、30分後、1時間後、2時間後にも血糖値を測定する検査です。そして、この検査の結果、次の基準に1つでも当てはまった場合は、妊娠糖尿病と診断し、治療を開始します。

・空腹時血糖値が92mg/dL以上
・1時間後の血糖値が180mg/dL以上  
・2時間後の血糖値が153mg/dL以上 

また、インスリンは妊娠数週が進むにつれてはたらきにくくなっていくので、もともと妊娠初期には血糖値が適正範囲だった人でも、妊娠中期に再度検査を受ける必要があります。

妊娠糖尿病の治療法とは?

通常の糖尿病の場合は、血糖値を正常な範囲にコントロールするために、食事療法と運動療法を行い、必要に応じてインスリン療法(薬物療法)を併用することもあります。しかし、妊娠糖尿病の場合は、妊娠中で運動をあまり行えないので、まずは食事療法から始めるのが基本になります。

食事療法ではどんなことをするの?

1日の摂取カロリーを制限する

妊娠中は、お腹の赤ちゃんに栄養を送ったり、分娩に必要なエネルギーを蓄えたり、産後の授乳の準備などのために、ある程度は体重を増やす必要があります。このため、通常妊娠すると、非妊娠時の1日の摂取カロリーにプラスして、妊娠初期なら50 kcal、妊娠中期は250 kcal、妊娠後期は450 kcalを摂ることが推奨されています[*1]。妊娠糖尿病の食事療法では、妊娠各期の1日の摂取カロリーのだいたい30%くらいカロリー制限をすることが通例です。医師・保健師等の指導に従って適正な体重増加を目指すことが重要です。

食事メニューについて

栄養バランスの取れた食生活を心がけたうえで、鉄分、カルシウム、葉酸を積極的に摂り、甘い物や塩分の多いものは控えめにします。

食事を分割してとる

妊娠中は、ホルモンの作用で、ふだんよりも食後に血糖値が上昇しやすくなりますが、空腹のときに一気にたくさんの食事をとると、余計に食後の血糖値が急上昇してしまいます。

また妊娠中は、お腹の赤ちゃんに優先的にブドウ糖が供給されるので、空腹になって血糖値が下がると、お母さんは、自分のエネルギーとして使うブドウ糖が足りなくなりがちです。すると、体はブドウ糖の代わりに、脂肪を分解することでエネルギーを補充しようとしますが、脂肪を分解すると、副産物として「ケトン体」という物質が生産されます。ケトン体の生産量が増えすぎると、血液中にケトン体が溜まり、意識障害やさまざまな症状を呈する「糖尿病性ケトアシドーシス」になることがあります。

ですから、妊娠糖尿病の食事療法では、空腹になる時間帯を減らして血糖値の変動を抑えるために、1日の食事を朝、昼、晩の3回ではなく、4~6回に分けてとるようにすることがあります。

インスリン治療を行うことも

血糖値が非常に高かったり、食事療法をしても血糖コントロールがうまくいかなったりする場合は、「インスリン療法」を行います。これは、インスリン注射を毎日決められた時間に自分で打ち、外からインスリンを補うという治療法です。

「自分で注射を打つなんて、難しいし、痛そうでイヤ」と思う人もいるかもしれません。しかし、インスリン注射は、簡単に注射できるペン型の注射器が主流で、針もとても細く短いので、痛みがあまりありません。また、インスリンは胎盤を通過しないので、赤ちゃんに影響する心配はほとんどないといわれていますが、医師とよく相談してから行うようにしましょう。

妊娠糖尿病で入院することもあるの?

妊娠糖尿病では、血糖値を正常な範囲にコントロールするために、数日~1週間ほど入院して治療を行うこともあります。妊娠糖尿病用にカロリー計算された食事療法を行うほか、生活習慣の改善の指導を受けたり、インスリン注射を行う練習をしたりします。

妊娠糖尿病は治るの?

Getty logo

妊娠糖尿病になっても、お産が終われば、血糖値が改善することが多いようですが、将来糖尿病を発症するリスクは、血糖値が正常な妊娠の約7倍であるとの報告もあります。ですから、妊娠糖尿病と診断された人は、産後も食事や運動に注意するとともに、定期的に健診を受けることが大切です。

まとめ

妊娠糖尿病になると、お母さんだけでなく、お腹の赤ちゃんにも、さまざまな悪影響が及びます。妊娠中の急激な体重増加は、妊娠糖尿病になるリスクを高めるので、食事に気をつけたり、無理のない範囲で体を動かすようにしたりして、きちんと体重管理を行っていきましょう。

参考文献

[*1]厚生労働省「日本人の食事摂取基準」(2010年版)
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/dl/s0529-4as.pdf

※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビウーマン子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2018.07.02)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


【助産師解説】これはイケた!私のつわり対策食べ物21選<ママ体験談>

【助産師解説】これはイケた!私のつわり対策食べ物21選<ママ体験談>

妊娠中に多くの女性を悩ませる「つわり」。気持ちが悪い時でも「これは食べられた!」という食品を、ママの体験談と共にご紹介! さらに、妊娠中に気をつけるべき食べ物や飲み物についても解説しました。


【助産師解説】つわりのピークはいつ?つわりの時期はいつまで続く?<ママ体験談>

【助産師解説】つわりのピークはいつ?つわりの時期はいつまで続く?<ママ体験談>

妊娠に伴うサインのひとつである「つわり」。この気持ち悪さはいつまで続くの……と不安になる人も多いことでしょう。今回は、実際につわりを体験されたママから聞いた「つわりのピーク」「つわりがいつまで続いたか」についてお伝えします!


【医師監修】妊婦の腰痛の原因と対処法、効果的なストレッチ・体操

【医師監修】妊婦の腰痛の原因と対処法、効果的なストレッチ・体操

腰痛は多くの妊婦さんが経験するマイナートラブルのひとつです。妊娠中に腰が痛くなる原因、予防のためにできること、改善が期待できるストレッチや体操についてお伝えします。少しでも日常を快適に過ごすためにお役立てください。


【医師監修】つわりはいつから?  治まるまでの期間とピーク時期の対処法

【医師監修】つわりはいつから? 治まるまでの期間とピーク時期の対処法

妊娠初期の妊婦さんを悩ませる不調の一つに、「つわり」があります。多くは妊娠16週ごろ までに自然に治まりますが、症状や期間には個人差があり、自分に合った方法で対処することが肝心です。つわりの時期を上手に乗り切る秘訣を探ってみました。


【医師監修】切迫早産って何?早産になるのはいつから?原因や症状、赤ちゃんへの影響について

【医師監修】切迫早産って何?早産になるのはいつから?原因や症状、赤ちゃんへの影響について

流産が起こり得るのは妊娠22週未満まで。これ以降心配になってくるのが切迫早産や早産ではないでしょうか。これらはどのような場合に起こり、赤ちゃんへはどのような影響があるのでしょうか。今回は早産と切迫早産の原因や症状、赤ちゃんへの影響などを詳しく説明します。


最新の投稿


【助産師解説】後陣痛はいつまで続く?経産婦はひどい?緩和方法は?

【助産師解説】後陣痛はいつまで続く?経産婦はひどい?緩和方法は?

分娩の際、激しい痛みを伴う陣痛。これで痛いのは終わり! ……と思ったら、「後陣痛」(こうじんつう)を体験しびっくりしたママも少なくないようです。出産後にママが経験する母体回復の過程のひとつである後陣痛について、今回はその原因や持続期間ほか、緩和方法などをお伝えしたます。


【助産師解説】新生児訪問・赤ちゃん訪問はなにをする?準備は必要?<ママ体験談>

【助産師解説】新生児訪問・赤ちゃん訪問はなにをする?準備は必要?<ママ体験談>

新生児のいる家庭が対象となる「新生児訪問」、また生後4ヶ月以下の赤ちゃんがいる家庭が対象となる「赤ちゃん訪問(乳児家庭全戸訪問事業「こんにちは赤ちゃん事業」)」。これらはどの時期に、どのような目的で実施されるのでしょうか。 今回は、ママたちの「新生児・赤ちゃん訪問、どうだった?」の体験談と、「新生児訪問」「赤ちゃん訪問


【助産師解説】産褥期ってなに?産後の肥立ち?産褥期のママの心身と過ごし方

【助産師解説】産褥期ってなに?産後の肥立ち?産褥期のママの心身と過ごし方

産後の女性にとって大変重要な時期である「産褥期」(さんじょくき)。ママの心身に様々な変化が生じますが、この時期の過ごし方には注意が必要です。今回は「産後の肥立ち(ひだち)」という言葉の意味も含め、産褥期について詳しくご紹介します。


【医師監修】妊娠7週はママの絶不調期?胎児の変化と注意したいポイント

【医師監修】妊娠7週はママの絶不調期?胎児の変化と注意したいポイント

妊娠7週は生理開始予定日から2週間ほど経過し、ほとんどの妊婦さんが妊娠に気づいて医療機関で妊娠を告げられていることでしょう。つわりの症状が本格的になり、心身共に妊娠を実感するころでもあります。つわり以外にもいくつか、この時期注意しておきたいポイントを紹介します。


【助産師解説】縦抱きOK?新生児の正しい抱き方、コツと注意チェック項目

【助産師解説】縦抱きOK?新生児の正しい抱き方、コツと注意チェック項目

新生児の赤ちゃんの上手な抱き方について、抱っこの種類別に助産師が紹介します。やっと生まれた宝物のような赤ちゃん。小さく繊細な姿に、抱っこするのがドキドキ!というママも多いでしょう。上手に抱くコツと注意点を知り、安全な抱っこを心がけましょう。