【医師監修】産後になりやすい3つの痔の種類とは?

【医師監修】産後になりやすい3つの痔の種類とは?

妊娠中だけでなく、出産時、産後もママ達を悩ませる「痔」(じ)。今回は、産後の痔にスポットライト当て、その原因や痔の種類、治療法を知っていきましょう。


産後、痔になってしまう原因

Getty logo

※画像はイメージです

そもそも「痔」とは?

「痔(じ)」とは、肛門や肛門周辺で起きる病気です。詳しい症状や種類については後ほどご紹介しますが、痔になると、うっ血してイボができたり、切れて出血したり、皮膚が垂れ下がったりなどといったことが起きます。男性と比較すると、女性は特に切れ痔(裂肛)になりやすい傾向があります。

原因として、まず女性ホルモンの働きが腸の運動を弱めてしまい、便秘になることがあります。そして、便秘で溜まった固い便を出すときに、肛門へダメージが加わり、痔へとつながってしまうのです。実際に、生理前は便秘になるという人も少なくないようです。また、産後のダイエットによって食べる量を減らしたり、外出先や職場で便意を我慢することなども便秘の原因となります。

このように「便秘」は、痔の大きな原因です。これと並んで女性特有の痔の要因とされているのが「妊娠・出産」なのです。妊娠中は、つわりで食事の量が減ったり、偏食になったり、あるいは妊娠後期の大きくなった子宮の圧迫で内臓が圧迫されたり、女性ホルモンの影響で消化器の働きが弱ったりして、便秘になるケースが少なくありません。

産後の痔はなぜ起きる

産後に痔になる理由はいくつかあります。第一に、妊娠中から便秘になる人が多いこと、そして分娩時の「力み」などで肛門に大きな負担がかかり、痔が起きやすくなることが考えられます。

加えて、たびたびの授乳や赤ちゃんのお世話などで生活リズムが不規則になり、食事の時間やタイミングもおろそかになり、排便のタイミングを失う場合もあります。育児による疲れやストレスといった産後の忙しさの中で、便秘がちとなり、痔へと発展するケースが高まるということですね。また、授乳中の人は、母乳に水分をとられるためにふだんより水分不足になり、便秘になりやすくなる可能性もあります。

出産後、体のトラブルがあったママは○% 知っておきたい変化とは?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/776

出産後、まずはこれから始める育児に備えてしっかり体を休ませることが重要です。徐々に体調や体力も回復していきますが、なかには思わぬ体のトラブルに直面することも? どんな変化があるのか聞いてみました。

産後の肛門トラブル3つ

切れ痔

肛門の皮膚が切れる状態で「裂肛」(れっこう)とも呼ばれます。女性に多くみられる切れ痔は、特に便秘がちなママは注意が必要です。便秘の場合、便が太くなっていたり、硬くなっていることがあり、肛門にダメージがかかりやすくなります。さらに、便秘の人は切れ痔の悪化や慢性化の恐れもあります。出血量は大した事がなくても、排便時の痛みが強い場合には切れ痔の可能性も高いと言えるでしょう。

いぼ痔

いぼ痔は、肛門付近のうっ血で発生する「いぼ」で、正式には「痔核」(じかく)といいます。男女の有病率には差がなく、45~65歳の有病率が高くなっています。いぼ痔はできる場所によって「外痔核」「内痔核」の名前で区別されます。原因についてははっきりとわかっていませんが、トイレでいきむ人や、長く座っている人がなりやすいという報告があります。

■外痔核
外痔核は体の外から確認できる箇所(肛門口の付近)にできます。この辺りには痛みを感じる神経(知覚神経)が存在するので、外痔核になるとほぼ痛みを感じます。炎症を起こして大きく腫れると、出血するなどして、とても痛い状態になります。

■内痔核
外痔核よりも奥にできるいぼ痔を「内痔核」といいます。意外なことに、痛みをほとんど感じないケースが多いようです。しかし、内痔核ができやすい箇所は、排便のときに圧力がかかりやすい場所。排便の度に圧力がかかり続けることで、驚くほど出血するケースもあります。また、症状が進むと、痔核(いぼ)が体外へ出てしまい、指で押しこまないと戻らなくなったり、あるいは、指で押し込んでも常に肛門外に出てきてしまう状態になります。心当たりのある方は、早めに医療機関を受診しましょう。

肛門皮垂(こうもんひすい)

肛門に発生する皮膚たるみ・しわのことで「スキンタグ」とも呼ばれます。それ自体は病気ではなく、治療する必要もないのですが、産後にできて「病気かしら」と悩んでいる女性は少なくありません。切れ痔のために発生する「見張りいぼ」が、切れ痔の治ったあとに皮垂として残っているケースもあります。有害なものではありませんが、大きくて気になる場合は、手術により切除するケースもあります。

産後の痔の予防法・治療法と対策

どんな予防法があるの?

予防法としては便秘を解消することです。基本的には食物繊維や水分の摂取を心がけますが、強い便秘には効果がない場合や、食物繊維の過剰摂取がかえって便秘を悪化させる場合もあります。妊娠中や産後で便秘がちな方は、医療機関に相談してみましょう。妊娠中や授乳中でも飲める、便を柔らかくする薬を処方してもらえることが多いでしょう。また、日常生活の中で、便意を我慢しないことも大切です。

どんな治療法があるの?

痔になってしまった場合の治療法としては、薬による保存的治療や手術が検討されます。症状が軽い場合は、症状を悪化させないため、肛門周辺の温浴が効果的です。また、肛門周辺を清潔に保ち、感染を防ぐことも重要です。痛みが強い場合には、座薬の使用が勧められることが多いでしょう。さらに重症の場合は、手術が検討されます。

■肛門皮垂の対策
肛門付近にできる皮膚のたるみは、病気ではないため、治療の対象にはなりません。ただ、女性の場合、特に美的の観点から悩む人が多いようです。皮膚たるみをなくしたい場合は、手術で切除することになるでしょう。また、肛門付近にできる皮膚たるみは、皮膚炎の原因になることもありますので、痛みやかゆみに悩むママは、医療機関に相談するとよいでしょう。

産後(授乳中)の配慮

産後の授乳期は、薬を使っていいのか悩むママもいるでしょう。市販の薬を使用する前に、医療機関へ相談するとよいでしょう。

まとめ

産後に限らず、痔の大きな原因となるのが「便秘」です。忙しい中ではなかなか難しいかもしれませんが、なるべく便意を我慢せず、快便に努めてください。妊娠中・授乳中でも問題なく使える便秘の薬もありますので、医師に相談するとよいでしょう。また、仮に痔になってしまっても、症状が軽度なら、手術せずに治せるケースも多いので、恥ずかしがらず早めの医療機関受診を心がけましょう。

この記事の監修ドクター
産婦人科専門医 中林稔 先生
日本医科大学卒業、虎の門病院医長を経て、現在三楽病院産婦人科部長。 診療のみならず、学会・各地講演をはじめとする医学の普及活動を行う傍ら、教育にも幅広く従事しており、2008年には中林助産師学院を共同設立。自ら講師を務め、6年間連続助産師国家試験合格率100%を達成中。医師+(いしぷらす)所属

※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビウーマン子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2018.08.27)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

妊娠発覚後、特に働いている方は、どのような手続をしたらいいのかわからず不安を感じるのではないでしょうか?上司の報告はいつすればいいのか、体調不良時どうしたら?など……ワーママ予備軍ならではの疑問にお答えします。今回は妊娠3ヶ月編です!


【医師監修】妊娠後期の「キリキリ、チクチク」腹痛。その原因と対処法

【医師監修】妊娠後期の「キリキリ、チクチク」腹痛。その原因と対処法

出産が目の前に迫ってきた妊娠後期。お腹が大きくなり、日常生活のちょっとした動作もだんだん負担に感じてくる時期です。このころ、「キリキリ」「チクチク」とした腹痛があったら何が原因なのでしょうか。対処法とともに解説します。


【医師監修】「よだれつわり」で気持ち悪い……その原因と対処法

【医師監修】「よだれつわり」で気持ち悪い……その原因と対処法

妊娠初期の女性の多くが経験する「つわり」。通常思い浮かべる「吐き気」や「おう吐」と言った症状のほかに、妊娠してから「よだれ(唾液)」が止めどなく出るようになり、不快な思いをする妊婦さんもいます。ここでは、そんな「よだれつわり」について原因や対処法を紹介します。


【医師監修】「妊娠超初期におりものが少ない」こともある? 妊娠とおりものの関係

【医師監修】「妊娠超初期におりものが少ない」こともある? 妊娠とおりものの関係

妊娠のかなり早い段階のことを、俗に「妊娠超初期」と呼びます。「妊娠中はおりものが増える」と聞くことがありますが、「ということは、おりものが少ないと妊娠していないということ?」と不安に思う人がいるかもしれません。「妊娠超初期におりものが少ない」ことはあるのでしょうか。早速見ていきましょう。


【医師監修】妊娠中期の便秘の解消法は? いきんでもOK?など疑問Q&Aも紹介

【医師監修】妊娠中期の便秘の解消法は? いきんでもOK?など疑問Q&Aも紹介

妊娠してから便秘がち。週数が進むとともにさらにひどくなって、妊娠中期には常に便秘の状態……という妊婦さんは少なくないでしょう。このころの便秘を解消するのに良い方法はあるのでしょうか。赤ちゃんへの影響、排便の時いきんでも大丈夫?など、気になる疑問についても解説します。


最新の投稿


離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

ストックがしやすいツナ缶を常備しているご家庭は多いでしょう。もしツナ缶も離乳食に使えたら便利ですよね。今回は赤ちゃんにツナ缶をいつからあげられるか、汁は捨てた方がいいのか、離乳食ではどんな種類を選べばいいのかなどを解説します。中期・後期・完了期の赤ちゃん喜ぶツナ缶レシピも一緒にチェックしてくださいね。


離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

鮮やかな緑色のいんげんは、離乳食に彩りを添えてくれます。今回は赤ちゃん喜ぶ3つのいんげん離乳食レシピのほか、「冷凍いんげんはそのまま使っていい?」「うんちにそのまま出てきたけど大丈夫?」などの疑問について解説します。


離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳中期以降にオススメの食材「なす」について、赤ちゃんが喜ぶレシピを3つご紹介します。その他、リニュ食を作る際に知っておきたい下処理のコツ、加熱のコツ、焼くレシピでもアク抜きは必要かなどを解説します。


離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

2回食が順調に進み、落ち着いたら次は3回食に増やしてみましょう。「いつから3回食を始める?」「1回の量も増やしていくの?」などのママの疑問を解説します。


離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

1日1回の離乳食をスムーズに食べてくれるようになったら、次のステップは1日2回食。「どんなタイミングで2回に増やす?」「量はどれくらいになる?」というママの疑問を1日の生活スケジュールを提案しながら解決していきます。