お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「一粒万倍日」はどんな日? 避けるべき&始めるべきこと

山本茉莉

一粒万倍日にやってはいけないこと

一粒万倍日に始めたことは何倍にもなるといわれます。

ただし、倍返しになるのは良いことばかりではなく、悪い行いも倍になって返ってきます。

一粒万倍日に何かを始める際は、やってはいけないことにも注意を払いましょう。

お金に関するマイナスな行動

お金に関するマイナスな行動を一粒万倍日に始めるのはタブーとされます。

必要に迫られた場合でも、一粒万倍日にお金を貸し借りするのは避けるのが無難。借金が何倍にも膨れ上がっては困るからです。

・借金する

・融資を受ける

・浪費する

・クレジットカードを契約する

・カードローンを利用する

・車購入などでローンを組む

生活に関するマイナスな行動

生活面においても、一粒万倍日には避けるべき行動がいくつかあります。

例えば何かを借りる行為や、人間関係のトラブルが挙げられます。倍返しされると困るような行動は控えましょう。

・賃貸契約を結ぶ

・物を借りる

・借りを作る

・悪口を言う

・けんかする

長引かせたくないこと

早く終わってほしいようなことも、一粒万倍日に始めると長引く可能性があります。

長引かせたくないことをしなければいけない場合は、カレンダーで一粒万倍日にあたる日ではないかを確認しましょう。

・入院

・離婚

・葬式

一粒万倍日に買うべきではないもの

一粒万倍日のNG行動の1つは浪費です。

自分にとってプラスになるような買い物は良いとされますが、無駄遣いと思われる買い物はタブーとされるので気をつけましょう。

例えば、使い道がないのに衝動買いしてしまうのは浪費に当てはまります。

ただし、買い物をすることがストレス発散につながるのであれば、プラスの行いと捉えることもできます。

一粒万倍日における行動の良し悪しは本人の気持ちによる部分が大きいため、買い物する際は自分の心に問いかけることが大切です。

次ページ:2021年の一粒万倍日はいつ?

SHARE