お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

愛を確かめ合う日に飲みたい。フルーツビール「湘南ゴールド」が発売

マイナビウーマン編集部

4月14日(水)のオレンジデーに、サンクトガーレン有限会社から神奈川産オレンジ「湘南ゴールド」を使ったフルーツビール『湘南ゴールド』が春夏限定で発売されます。

サンクトガーレンオンラインショップ、東急百貨店 吉祥寺店、横浜そごう、京急百貨店、イオンリカー(一部店舗除く) などで販売予定です。

“第三の愛の日”に華やかな果実のビールを

湘南ゴールドビールに用いられる「湘南ゴールド」は、レモンのように黄色い見た目ですが、食べると甘いオレンジで、他の柑橘を圧倒する華やかな香りが特徴。今回発売されるビールに使用されている「湘南ゴールド」は、サイズが小ぶりな分、糖度は高い傾向にあるのだとか。

皮も果汁も捨てる部分なく丸ごと使用され、オレンジの風味が、グラスに注いだ時や口に含んだ時にパッと弾けます。

そんな湘南ゴールドビールが、バレンタイン(2月14日)、ホワイトデー(3月14日)に続く、2人が互いに愛を確かめ合う“第三の愛の日”と言われる、オレンジデー(4月14日)から楽しめるそう。

オレンジデーとは、たくさんの実がなるオレンジが「繁栄」「多産」のシンボルとされ、「花嫁の喜び」という花言葉を持つことから、愛の記念日にふさわしいとして制定されました。

そんな日の晩酌に、愛する人と心華やぐ1杯を楽しんでみてはいかがでしょうか?

商品概要

サンクトガーレン「湘南ゴールド(発泡酒)」5% 330ml 506円

※日本ではビールに果物を使用する場合、麦芽量の5%以内と決められています。この商品には麦芽量30%の果物をたっぷり使用しているため、ビールと表記ができず?発泡酒?となっています。麦芽率は高いので実際の税率はビールと同じです。

販売期間:2021年4月14日(水)~ 9月末

(マイナビウーマン編集部)

SHARE