お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

感じ悪っ! デートを断る時に「送ってはいけないLINE」5つ

Ryos(サラリーマン恋愛コラムニスト)

どうしても行けないデート。印象を下げずに断わるポイントを、恋愛コラムニストのRyosさんに教えてもらいました。

男性からデートに誘われたけれど、お断りしなければいけない場面もあるはず。もし次回につなげたいなら断り方も大切です。断り方によっては、もう誘われなくなってしまうかもしれません。

そこで今回は、デートを断った時に「送ってはいけないLINE」の例を見ていきましょう。

いい顔し過ぎてない? 八方美人度診断

(1)スタンプだけ

文字で言いにくいことも、スタンプならなんとなく伝わる気もします。しかし、受け取った男性からすると、せっかくデートに誘ったのに、スタンプひとつで済まされてしまうのはあまりにも悲しいと感じてしまいます。

スタンプにプラスして「行けなくて残念です」「ごめんなさい。また今度」などコメントを送るといいですね。

(2)明らかな嘘

嘘も方便と言いますし、相手を傷つけないためのちょっとした嘘なら仕方ないかもしれません。

ただ、すぐにバレるような、明らかな嘘だと「もはや取り繕う気もないんだな」と幻滅してしまいます。

(3)男性が傷つく断り方

「無理です」、「なんで私があなたとデートしなきゃいけないの?」など、男性のプライドを傷つけるLINEはもってのほか。もし周りに広まったら、その男性だけでなく、他の男性からの評価もガタ落ちです。

お断りする場合も相手を傷つけるLINEは避けましょう。

(4)謝りすぎる

一言「ごめんなさい、その日は難しくて」くらいならいいのですが、あまりに何度も謝られると、悲しくなってしまいます。男性の心も複雑なのです。

過ぎたるは猶及ばざるが如し、謝りすぎは逆効果です。

(5)無視する

LINEの既読無視、もしくは未読無視は逆に恨みを買います。誘った方としては、はっきりした結果が分からないと、どう気持ちを持って行っていいのか、困ってしまいます。

断りにくいこともあるかもしれませんが、一言返事をもらえると嬉しいのが男性の本音です。

デートを断ったらLINEでのフォローを忘れずに

男性目線で、デートを断った時に送ってはいけないLINEの例をご紹介しました。

もしまたその人とデートしたいなら、断った後のフォローが大切。デートできなくて残念な気持ちを伝えて、代替案を提案すると好印象ですよ。

(Ryos)

※画像はイメージです

関連する診断をチェック!

白馬の王子様を信じてない? シンデレラ症候群度診断

一線引かれてない? 「近寄りがたい女度」診断

人の目ばかり気にしてない? キョロ充診断

Ryos(サラリーマン恋愛コラムニスト)

サラリーマンとライターの兼業。困っている女の子を放っておけないタイプで、「相談され、好きになられ、断られずズルズル」のパターンを繰り返している。とにかく真摯に相談に乗ってくれる、アドバイスが的確と評判で、友達はもちろん、元カノや振った女の子からも恋愛相談を寄せられます。そんな経験をもとにした恋愛コラムを書いています。犬っぽいと言われるけど、本人は猫派。

この著者の記事一覧 

SHARE