お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

はぁ? 「イラッとする」同僚の質問5つ

きくかお(WEBライター)

職場には、価値観や性格が異なる人が集まるからこそ、楽しいこともあれば、イラッとすることもありますよね。そこで今回は、WEBライターのきくかおさんに、実体験を絡めながら「イラッとする同僚からの質問」を紹介してもらいます。

職場って、さまざまな考え方や性格の人がいますよね。ですので、職場での悩みに人間関係を挙げる人は少なくないようです。

長年会社員をやっていた筆者も、職場の人たちにイライラすることが多々ありました。

そんな経験を生かし、今回は、「イラッとする同僚からの質問」を紹介します!

Check!

どう思われてる? 常識人レベル診断

(1)「まだできないの?」

私が実際に言われたひと言です。

心配して声を掛けてくれているのかもしれませんが、「“まだ”できないの?」と言われると不快な気持ちになります。

(2)「無理し過ぎなんじゃない?」

気を使ってくれているのは分かりますが、自分が大変な時こそ上から目線で言われているような感覚になる言葉です。

「なら、手伝ってよ……」と言いたくなることもあるでしょう。

(3)「これ、私の仕事?」

「自分がすべき仕事ではない」とでも言いた気にこう言われてしまうと、「つべこべ言わずにやれー!」と言ってしまいたくなります。

特に、上司から下りてきた指示を伝えているだけの場合は、「私に言わずに上司に直接言ってくれ」とイライラしてしまいます。

(4)「一緒にやっといてくれる?」

会社のイベントの出欠確認など、仕事には関係ない雑務なども必ずあると思います。

そんな時「これも、一緒にやっといて!」と、「あなたがやる方が効率的」と言わんばかりに対応を押し付けてこられると、「みんなちょっとずつ分担しているんだよ! ちゃんとやれ!」と嫌な気持ちになります。

(5)「何で戻ってきたの?」

これは、産休後会社復帰した時に、私が同僚から言われた言葉です。

復帰した理由を聞きたいだけかもしれませんが、「その言い方はないだろう」とイラッとしますよね。

相手の気持ちを思いやって声を掛けよう

イラッとする同僚の質問をご紹介しました。

会社には、さまざまな事を抱えて仕事をしている人がいます。ですので、相手のためを思って声を掛けたつもりが「イラッと」されてしまうことも。

お互い気持ち良く仕事をするためにも、相手の状況や立場も考えて声を掛けることを忘れないようにしましょう。

(きくかお)

※画像はイメージです

職場の人間関係にお悩みの方におすすめの診断

周りからどう思われてる? めんどうな人度診断

実は冷たいと思われてる? 冷徹度診断

無理してない? 頑張り屋度診断

きくかお(WEBライター)

結婚後、3人の子供の出産を経て、ライターに。
ファッション、恋愛、ライフスタイルの記事を中心に執筆。
母、妻、そして1人の女性という3つの異なる立場を持つ強みを生かし、恋愛というかわいくて憎らしいモンスターに切り込んでいく。
この著者の記事一覧 

SHARE