お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

うわぁ……。ちょっと痛い「おじさんLINE」の特徴5つ

石谷ちよ(恋愛コラムニスト)

世代が違うと感覚も違ってきますが「おじさんっぽいLINE」ってなんだか共通で認識が合うような気はしませんか? コラムニストの石谷みよさんと「おじさんLINEあるある」を考えます。

紳士的な振る舞いに心惹かれて連絡先を交換してみたら、おじさんが送りがちな鬱陶しいLINEに幻滅!

みなさんは、そんな経験ありますか? 熱された思いも一気に冷めてしまいます。

おじさんが送りがちなLINEとは一体、どのような内容なのでしょうか。今回は恋愛コラムニスとの石谷ちよが、女性が思う「おじさんLINE」の特徴5つをご紹介します。

女性に甘えてない? ダメ男度診断

(1)余計に読みづらい! 句読点の多用

「こんばんは、今日は、バーで飲んでいるよ。よければ、一緒にどうかな?」このように、隙あれば句読点をつけるのがTHEおじさんLINE!

読みやすくするための配慮なのでしょうが、不自然な句読点がおじさん独特のテンポを生み出しているのです。

カタコトの日本語を話しているみたいで、読みづらいったらありゃしないですよね。

(2)文末のカタカナにイラっ!

文末のカタカナも今はもう古い! 昔はよく使ったけど、今じゃおじさんLINEの象徴です。

「昨日は、よく眠れたカナ? またご飯でも、行こうネ」というように、文章が堅くならないよう文末を崩してくるのですが、それが受け入れられない人は多いはず。

毎回このような文面でメッセージがくると、返信する気も失せてしまいますよね。

(3)手紙かな? 毎回練られた長文

「お疲れさま」から「返信待っているね」までの長文を一通で送信。おじさんは、手紙のような構成でLINEを送ってきます。

現代の若者の多くは、実際に話すように、一言二言でLINEのやり取りをしますが、一世代前までは手紙やメールでしっかりとした文章を送ることが一般的でした。

おじさん達はその感覚のままでLINEを利用しているので、SNS世代とのメッセージの送り方にギャップが生まれるのでしょう。

(4)絵文字の乱用でテンションが掴めない

典型的なおじさんLINEと言えば、不自然なほどの絵文字の量ではないでしょうか。中年男性らしい内容と幼い絵文字が組み合わさった文面には、違和感を覚えずにはいられません。

特に「?」や「!」は、必ずと言っていいほど絵文字に変換されています。常にテンションが高いみたいで、文章を読むだけで疲れてしまいますよね。

おじさん達はなぜ、大人の落ち着きこそが自分の魅力だと気づかないのでしょうか。

(5)また来た。日々の近況報告

「昨日は、〜を食べたよ」、「最近観た映画が、とても面白かったよ」など、頻繁に日常の出来事の報告をしてきます。女性が返信しなくても、諦めずに連絡を送り続ける点がおじさんLINEのポイントです。

あまりのしつこさから既読無視をしていると、「忙しいのカナ?」と返信催促のLINEが入ったり……。一度返事をすると、また一方的に送り続けるようになります。迷惑だと感じるなら通知オフやブロックで対処しましょう。

おじさんは不器用なんです

おじさんが送りがちな長文のLINEは面倒で、返信にも困りますよね。特に、女性の都合を考えず一方的にメッセージを送ってくる相手は、すぐにでもブロックしたくなります。

ただ絵文字や句読点の多用は、読んだときに分かりやすいように、堅い文章にならないように、と相手への気遣いからくる結果でもあります。

おじさんなりの優しさだと思って文を読んでみると、案外受け入れられるかもしれませんよ。

(石谷ちよ)

※画像はイメージです

関連する診断をチェック!

癖になってない? 嘘つき度診断

スパッと決められる? 決断力診断

そんな恋やめちゃえば? 別れた方がいいカップル診断

 

※この記事は2020年12月30日に公開されたものです

石谷ちよ(恋愛コラムニスト)

自由奔放に生きるフリーライター。出会った男性の家を渡り歩きながら生活していた過去を武器に、恋愛コラムニストとしてライター活動を開始。自分を見つめるために、5ヶ月間ほど山で、電気なしガスなしの生活をしていた経験あり。瞑想に瞑想を重ね自由を貫くことを決める。幸せだと感じる生き方、しんどくならない他人との付き合い方など、心理的なコラムも手掛けている。

この著者の記事一覧 

SHARE