お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

Snow Man『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』完成記念イベントに登場

#エンタメニュース

ガラクティ

演出・滝沢秀明、主演・Snow Manによる舞台『滝沢歌舞伎ZERO』。今年は『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』として映画に生まれ変わります。

作品の完成を記念し、Snow Manの岩本照、深澤辰哉、ラウール、渡辺翔太、向井康二、阿部亮平、目黒蓮、 宮舘涼太、佐久間大介が国立新美術館に登場。同美術館での実写映画のイベントは初の試みとなりました。

Snow Manのメンバーは作品の世界観を表した「和」のエンターテインメントにふさわしい和装、雪の紋が付いた紋付袴で登場。

滝沢秀明監督について、ラウールは「舞台では演出をやっていらっしゃって、今回は監督で。周りのスタッフさんと連携を取っていました」と答えると、向井は「監督は自由に伸び伸びとやらせてくれましたね。ちゃんとコミュニケーションも取れていて、初めての監督にしてはちゃんとできていましたね!(笑)」と冗談交じりにコメント。メンバーから「どこ目線だ!」と突っ込まれ、会場は和気あいあいとした雰囲気になりました。

また、印象に残っているシーンを聞かれた阿部は「日光江戸村でロケをした“鼠小僧”のシーンです。舞台上で演じるのではなくて、ロケで撮影をしたのでより物語に入り込める面白さがありました。笑いどころもたくさんあるのでリラックスして見てほしいです」と注目ポイントをコメント。

目黒は「たくさんやった殺陣のシーンです。殺陣の撮影中にカメラマンさんが僕たちの間に入って撮影をしているので臨場感がありました。普段では見ることのできない『滝沢歌舞伎』の臨場感に注目してほしいです」と映画ならではの見どころを語りました。

最後にSnow Manメンバーはファンに向けて「究極の和のエンターテインメントになっているので、今まで舞台を見てくださっていた方もすごいと思ってくださるような作品になっていますので、ぜひ劇場でよろしくお願いいたします」とコメントしました。

作品情報

『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie

10月、11月新橋演舞場、南座、御園座にて特別上映
124日(金)~全国ロードショー

Eternal producer:ジャニー喜多川/監督:滝沢秀明/振付:五関晃一(A.B.C-Z)

出演:Snow Man(岩本照、深澤辰哉、ラウール、渡辺翔太、向井康二、阿部亮平、 目黒蓮、宮舘涼太、佐久間大介) ジャニーズJr. 佐藤新、影山拓也、鈴木大河、基俊介、椿泰我、横原悠毅、松井奏(IMPACTors) 小田将聖(少年忍者)

企画・配給:松竹

(C)2020「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」製作委員会

(ガラクティ)

※この記事は2020年11月26日に公開されたものです

ガラクティ

コンテンツ制作やウェブサイト運営を行っています。ニュース記事、イベント取材やコラムなどを中心に、さまざまなジャンルの記事を執筆中です。
この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#エンタメニュース」をもっと見る

MORE

SHARE