お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

正統派の紺ブレは、袖まくり&デニムでカジュアルダウン #東京365日コーデ

溝口恵美

この気持ちはあこがれなんかじゃない。もはや恋だ。 東京に恋しながら、365日を生きる私たち。 大好きなこの場所で、一日たりともしょぼいコーデなんてしたくない。 だって、なんだか東京にフラれた気分になるから。 だからこそ、お気に入りの服でめいっぱいのお洒落をして。 今日も私は東京とデートに出かける。

きちんとした印象の紺ブレをデイリーに着こなすなら、袖をロールアップしてラフに着こなすのがコツ。ボトムは黒やグレーのスラックスだと正統派すぎるから、デニムでカジュアルダウン。ベージュのバッグとパンプスで小物の色味をリンクさせて、全身まとまりよく見せて!

神保町ブックセンター with Iwanami Books」で企画のネタをリサーチ。こういう寄り道も大事だよね。

(溝口恵美)

溝口恵美

フリーライター、エディター。出版社の編集を経て、ファッションライターとして独立。メンズファッション誌やレディスファッションカタログをメインに執筆。その他ヨガ専門誌、旅行専門誌、フリーペーパー、企業広告など多方面で活躍。

この著者の記事一覧 

SHARE