お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男子がイラッ! とした「彼女の言動」6つ

ファナティック

takebe160224540i9a0512_tp_v-20普段は気にならないことでも、一度気になり始めるとイライラが止まらない。大好きな彼女に対しても、付き合いが長くなってくるとこんな風に感じる瞬間がある男性もいるようです。今回は、彼女の言動にイラッとする瞬間について男性たちに聞いてみました。

■上から目線

・「見下したように、あざ笑うような態度をされたときでしょうか」(30歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

・「自分を棚に上げてモノを言ってくるとき」(30歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

人にバカにされて平気な人はいないものですが、彼女がそういう態度を取ると男性としては男としてのメンツをつぶされたような気になるかも。彼が間違ったことを言っても上から目線で頭ごなしに反論するのは止めた方がいいかもしれませんね。

■言葉がキツイ

・「機嫌の悪いときの発言はとがっていて、イヤ」(33歳/その他/事務系専門職)

・「プライドを傷つける言葉。気にしていることをしつこく言われること」(36歳/機械・精密機器/事務系専門職)

自分の気持ちに余裕がないと、人にかける言葉も棘がある物になりがち。言った方はすぐに忘れてしまいそうですが、言われた方はずっと覚えて根に持っていることも。彼に限らず、人を傷つける言葉には要注意ですね。

■携帯に夢中

・「話している最中に携帯に夢中になる」(38歳/情報・IT/技術職)

・「携帯ばかり触ってるとき」(28歳/その他/事販売職・サービス系)

デート中もずっと携帯をいじっている彼女を見ていると、つまらないのなら、一緒にいなければいいのにと投げやりな気持ちになる男性もいそう。人が話しているときに携帯をいじるのはほどほどにしておいたほうがいいかも。

■すぐにイライラする

・「自分の思い通りにならなかったら、キレて拗ねる」(37歳/学校・教育関連/営業職)

・「理由もなく、イライラしているとき」(32歳/情報・IT/技術職)

自分にはまったく理由がわからないけれど、彼女だけがイラついている。それを見ていると男性自身もイラッとすることが。ただ、彼女からすると怒っている理由を察してくれないことがイライラの原因だったりもしますよね。

■かまってちゃん

・「たまに、しつこくかまってほしい! というときです」(35歳/その他/販売職・サービス系)

・「他のことをしているときに、しつこく話しかけられたとき」(38歳/運輸・倉庫/技術職)

他のことをしているのがわかっているのに、かまってほしくてちょっかいをかけてくる。彼女が寂しいのはわかるけれど、空気を読んでほしいと思う男性もいるでしょうね。

■ワガママ

・「疲れているときにワガママを言う」(35歳/電気/技術職)

・「自己中な言動。自分の気持ちに正直な言動」(28歳/商社・卸/営業職)

自分の気持ちに正直というポジティブな見方もできるワガママ。たまになら彼も許してあげようと思うかもしれませんが、自分のことしか考えていないようなわがまま放題の彼女にはイラッとくることも多いでしょうね。

■まとめ

彼女のやることに対してイラッとする。こういう機会が増えてくると、もしかして自分たちは相性が悪いのかもと思ってしまう男性もいるかもしれませんね。気づかないうちに彼の気持ちを冷めさせるような言動をしているとしたら、そこは彼女としても反省した方が良さそう。男性がイラッとするポイントをきちんと知っておくと地雷を踏んでしまうことも防げそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年3月にWebアンケート。有効回答数400件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]