お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男子のお願い! 朝、寝起きの時に彼女にしてほしいコト・5つ

ファナティック

6c290b8618f1e5369a1595e5b67a0fcc_s仕事だとわかっていても起きるのがツラい、目覚めてもしばらくはボーっとしている。こういう男性は少なくないでしょうが、寝起きに彼女が側にいれば、いつもとは違う爽やかな目覚めになりそう。今回は寝起きに彼女にしてもらえたら、うれしいと感じることについて男性のみなさんに聞いてみました。

■おはようのキス

・「キスをして優しく起こしてほしい」(24歳/その他/営業職)

・「おはようのキスはしてほしい」(37歳/学校・教育関連/営業職)

せっかく彼女が側にいるのだから、映画やドラマのように、おはようのキスで起こしてほしいという男性も。いつもはなかなか目が覚めないという男性も彼女のキスでなら、すぐにシャキッと目覚めることもできそうですね。

■朝食の準備

・「朝起きたら、料理を作ってくれてるのが一番です」(23歳/その他/その他)

・「朝食の用意をして優しく起こしてほしい」(38歳/機械・精密機器/技術職)

結婚後の家庭を思わず想像してしまう、彼女の作った朝食。寝ぼけ眼で起きだしたときに朝食の準備が整っていれば感激する男性も多そう。お泊まりの前日には朝食用の買い出しもしておいた方が良さそうですね。

■添い寝してほしい

・「添い寝して二度寝」(38歳/その他/販売職・サービス系)

・「しばらく添い寝。幸せな気持ちになるから」(23歳/その他/その他)

まだ、起きないといけない時間までに余裕があるのなら、そっと添い寝してあげるのも喜ばれるようです。ベッドの中で二人で会話をしているうちに彼の目も少しずつ覚めてきそうですね。

■コーヒーや紅茶

・「コーヒーを淹れてくれたら、満足!」(35歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「紅茶を淹れてほしいです」(33歳/その他/その他)

コーヒーや紅茶の香りで目覚める朝というのも何となく余裕が感じられていいですね。彼のためにとっておきのコーヒー豆や紅茶の葉を仕入れておいて、丁寧に入れてあげるとさらにいい香りが立ちそうです。

■笑顔で「おはよう」

・「笑顔で『おはよう』と言ってくれるだけでうれしいです」(32歳/自動車関連/技術職)

・「『おはよう』と言ってくれるだけでいい」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

目が合った瞬間に満面の笑みで「おはよう」と声をかけてくれる彼女がいるだけで幸せ。いつもは一人でのっそりと起きだして、会社につくまで無言という彼なら最高に気持ちのいい目覚めになりそうですね。

■まとめ

どうしても朝は苦手という男性も多いかもしれませんが、彼女がいればスッキリと目覚められるし、朝から幸せな気分にも浸れるようですね。優しいキスで目覚めた彼に笑顔で「おはよう」と言ってあげる。それだけでも彼を喜ばせることができるなら、彼女としてはやらない手はありませんよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年3月にWebアンケート。有効回答数400件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]